スマートフォンセキュリティとは

ソースネクスト株式会社が提供する、世界最高クラス※1の性能を誇るBitdefender社のエンジンを使用したAndroid用ウイルス対策アプリです。インストールするアプリの自動検査や、端末の乗っ取りや個人情報流出などをするウイルスアプリを、インストール時に検査して脅威を未然に防ぎます。webサイトの安全性をチェックし、マルウェアやフィッシングの疑いのあるサイトはアラートを表示することもできます。

  1. 「スマートフォンセキュリティ」のエンジン「Bitdefender Mobile Security」は、ドイツの第三者機関、AV-TEST の「BEST ANDROID SECURITY 2016 AWARD」を受賞

インストール手順

1.インストールするAndroid端末で、下記リンクをタップします。

https://www.sourcenext.com/sc/ss/ss_android_entry/新しいウインドウで開く

パソコンで本ページを開いている方は、端末で次のQRコードを読み込んでください

2.エントリーページが表示されますので、入力欄にICCIDを入力し、「送信」をタップします

3.下方の「インストールする」をタップします。

4.Playストアのページが表示されますので、「インストール」をタップしインストールします。

ご利用方法に戻る

エントリー手順

1.ブラウザを開き、「インストール手順」③の画面を再度開きます。

2.上部の「エントリーする」をタップします。

3.各種権限を設定する画面が表示されますので、内容をご確認の上、すべて「許可済み」に設定します。

4.メイン画面が表示されます。

ご利用方法に戻る

インストール済みの端末から移行する手順

1.移行前の端末でアプリを最新のバージョンにアップデートします。

2.「設定」をタップし表示されたシリアル番号を控えます。

3.「インストール手順」を参考に、移行後の端末でアプリをインストールし起動します。

4.各種権限を設定する画面が表示されますので、内容をご確認の上、すべて「許可済み」に設定します。

5.シリアル番号を入力する画面が表示されますので、手順1で控えたシリアル番号を入力します。

6.メイン画面が表示されます

ご利用方法に戻る

ウイルス検査の手順

1.ホーム画面の「ウイルス検査」をタップすると、インストールされているアプリやファイルの検査を実行できます。

2.ウイルスを検知した場合は、以下のようなアラートが表示されます。
駆除したいものにチェックを入れて「駆除」をタップすると駆除ができます。

3.アプリのインストールやバージョンアップ時には、自動でウイルス検査が行われます。ウイルスを検知した場合は、以下のようなアラートが表示されます。「アンインストール」をタップするとアンインストールができます。

ご利用方法に戻る

Web保護の設定方法

OSのバージョンによっては手動で有効にする必要があります。

1.ホーム画面の「Web保護」をタップして設定画面を開きます。

2.この画面で、すでに「Web保護が有効です」と表示されている場合は、変更する必要はありません。
「アクセサビリティ ステータス」がOFFになっている場合は、「OFF」と表示されているボタンをタップします。

3.「スマートフォンセキュリティ 特別版」 をタップします。

4.OFFと表示されている横にあるスイッチをタップします。

5.確認して「OK」をタップします。

6.前の画面に戻り、「アクセサリティステータス」がONになったことを確認し、「有効にする」をタップします。

ご利用方法に戻る

Web保護の使い方

1.「Web保護」が有効であれば、対応ブラウザ (Chrome、Android標準ブラウザ) は自動で保護されます。
対応ブラウザでフィッシングサイトや危険なサイトを表示しようとした場合は、次のようなブロックページが表示されます。

ご利用方法に戻る

盗難対策の設定方法

盗難対策は初めは無効になっていますので、手動で有効にする必要があります。

1.ホーム画面の「盗難対策」 をタップします。

2.「権限を許可」 をタップします。

3.任意の暗証番号 (4桁の数字) を入力して「保存」をタップします。
ここで設定した暗証番号は、盗難対策の遠隔制御や設定変更を行う際に必要になります。

4.「有効にする」をタップします。

5.ソースネクストアカウント(マイページID)とパスワードを入力して、「ログイン」をタップします。

  • ソースネクストアカウントをお持ちで無い場合は、「新規作成」 をタップして手順に沿って作成してください。

6.盗難対策の設定画面が表示されます。

Webページから管理する

「デバイス探索」 : Web管理ページ上から、デバイスの現在の位置情報を確認できます。
「遠隔ロック」 : Web管理ページ上から、デバイスにロックをかけることができます。
「遠隔ワイプ」 : Web管理ページ上から、デバイス内のデータを削除する事ができます。
「遠隔アラーム」 : Web管理ページ上から、デバイスのアラームを鳴らしたり、メッセージを送ることが出来ます。

SMSを使って管理する

「SMS コマンド」 : SMSメッセージを送信して、デバイスを遠隔制御することが出来ます。

SMSコマンドの送信方法

別のスマートフォンや携帯電話などから、遠隔制御するデバイスの電話番号宛に以下のようなSMSを送信します。

BD-xxxx SMSコマンド(xxxx は予め設定した暗証番号です。)
(例) BD-1234 LOCK

使用できるSMSコマンド

LOCATE: デバイスの位置情報がSMSで返信されます。
SCREAM: デバイスのアラームを鳴らして探しやすくします。
LOCK: 暗証番号で、デバイスをロックします。
WIPE: デバイス上の全てのデータを消去します。(このコマンドは、予め設定した信頼する番号からのみ送信できます)
CALLME: コマンドを送信したデバイス宛にサイレントに電話をかけることが出来ます。本機能を使えば、デバイスを盗んだ犯人に気付かれることなく、辺りの会話内容を聞き取ることが出来ます。
HELP: 使用できるSMSコマンドの一覧がSMSで返信されます。

「SIMカード差し替え警告」 : SIMカードが差し替えられた場合に、信頼する電話番号に対してSMSメッセージを送信します。予め信頼する番号を設定しておく必要があります。
「信頼する番号を設定」 : SIMカードが差し替えられた場合に通知する電話番号を設定します。SMSコマンドのリモートワイプを実行できるのもこの電話番号からのみとなります。

盗難対策の各機能は初めは無効になっています。各機能を有効にするには、その横のOFF」 と表示されているボタンをタップします。

7.機能の有効/無効を変更する際には、暗証番号の入力が必要です。事前に設定した暗証番号を入力して「送信」をタップします。

8.次の画面が表示された場合は、「有効にする」をタップして管理者権限を有効にします。

  • 表示される画面はOSによって違う場合があります。

9.次の画面が表示された場合は、「スマートフォンセキュリティ 特別版」の横にあるスイッチをタップします。

  • 表示される画面はOSによって違う場合があります。

10.「許可」をタップします。

ご利用方法に戻る

盗難対策の使い方

Webページから管理する

Webページからデバイスを遠隔制御することが出来ます。

  • デバイス上で予め有効にしておく必要があります。

1.デバイス上で予め有効にしておく必要があります。

https://ssm.sourcenext.com/新しいウインドウで開く

2.「ログイン」をクリックします。

3.デバイス上で設定したものと同じソースネクストアカウント(マイページID)とパスワードを入力して「ログイン」をクリックします。

4.一覧が表示されます。遠隔制御したいデバイスを選択します。

5.「探索」 のページを開くと、デバイスの位置情報が表示されます。

  • 位置情報の取得には時間がかかる場合があります。

6.「アラーム」のページで、メッセージを入力して「送信」をクリックすると、そのメッセージがデバイス上に表示されます。

  • デバイス上でアラームを鳴らしたい場合は、「アラームを鳴らす」にチェックを入れてから送信してください。

7.「ロック」のページで、任意の暗証番号を入力して「送信」をクリックすると、その番号でデバイスにロックをかけることが出来ます。

8.「消去」 のページで、確認のメッセージにチェックを入れて「消去」をクリックすると、デバイスのデータを削除することが出来ます。

ご利用方法に戻る

検査履歴

1.ホーム画面の「検査履歴」をタップすると、過去の検査履歴が表示されます。

ご利用方法に戻る

各種設定

1.ホーム画面の「設定」をタップすると、各種設定を変更できます。

ご利用方法に戻る

お申し込み完了後、SIMカード最短当日配送

お申し込みはこちら

お申し込みからご利用開始までのステップはこちら

あなたにぴったりのプランが見つかるかも