Sony

【2022年版】格安スマホに機種変更する際のデータ移行の方法と覚えておきたい注意点

話題 2022.4.28

rewrite_3_640_422

キャリアから格安スマホに機種変更する方法は、キャリアからキャリアに機種変更する方法と基本的にほとんど変わりません。
格安スマホにすると、キャリア専用のアプリ・キャリア決済等が使えなくなるので、そのことを念頭に置いておいてデータ移行をして行きましょう。
データ移行はiPhoneを使っているかAndroidを使っているかによって方法が変わります。そこでこの記事では、それぞれの方法を解説します。
データ移行の手順は機種ごとで多少異なりますが、大まかな流れは共通ですので、これから機種変更する人はぜひ参考にしてください。

格安スマホに機種変更する際のデータ移行の準備

image004

格安スマホに機種変更する前に、以下の準備をしておくと、データ移行がスムーズに行えます。

  • 今まで使っていたスマホ
  • 機種変更する格安スマホ
  • Wi-Fi環境
  • SDカードを使ってデータ移行をする場合は、SDカード

なお、今まで使っていたスマホと機種変更する格安スマホは、データ移行中に電池切れをしないように電池の残量を確認しましょう。電池の残量が少ない場合は、充電しながらデータ移行を行いましょう。

また、データ移行の際にトラブルが発生して、万が一、データ消えてしまった時に備えて、事前にデータのバックアップを取っておきましょう。特にアドレス帳や写真・動画はデータ移行の前にバックアップを取っておくことをオススメします。

移行するデータの量によっては、データ量が数GB~数十GBになるため、Wi-Fi環境を利用するとスムーズです。

SDカードを使ってデータ移行をする場合は、SDカードを用意しておきましょう。
なお、iPhoneはSDカードに対応していないため、今まで使っていたスマホや新しく使うスマホがiPhoneの場合はSDカード使ったデータ移行は出来ません。

次の章からは、データ移行の方法をお伝えしていきます。
上でお伝えした通り、データ移行はiPhoneを使っているかAndroidを使っているかによって方法が変わります。すべて読む必要はありませんので、該当するものを読んでくださいね。

AndroidスマホからAndroid格安スマホにデータ移行する方法

image005

AndroidスマホからAndroid格安スマホにデータ移行するための方法には、

  1. Googleアカウントを使ってデータ移行する方法
  2. SDカードにバックアップしてデータ移行する方法
  3. Googleドライブを使ってデータ移行する方法

といった選択肢があります。

1.Googleアカウントを使って格安スマホにデータ移行する方法

Googleアカウントを持っていて、Googleアプリを使っている人にオススメの方法です。

電話帳・Google playからダウンロードしたアプリ・Gmailなど、Googleと紐づいたデータをバックアップしておけば、新しい格安スマホでの復元が可能です。

大まかな手順は、以下の通りです。

旧スマホの設定

アカウント

Googleアカウント一覧

同期したいサービスにチェック

という流れです。

同期が完了したら、新しい格安スマホでGoogleアカウント(ID・パスワード)を入力すれば自動で復元されます。

Googleアカウント取得方法

Googleアカウントは、次の操作をすれば簡単に取得できます。

スマホの設定

アカウント

Google

新しいアカウントを作成

Googleでは用途別に無料で使えるアプリが用意されていますので、以下を参考にしてください。

  • 動画・写真→Googleフォト
  • ファイル・フォルダ→Googleドライブ
  • スケジュール管理→Googleカレンダー

Googleフォトは動画や写真専用、Googleドライブは動画や写真に加えて音楽やテキスト等あらゆるファイルを保存できます。

2.SDカードで格安スマホにデータ移行する方法

電話帳・動画・画像をバックアップしたいという方向けの方法です。

SDカードにバックアップして移行させれば、データ通信料もかかりません。

電話帳のデータ移行の大まかな流れ

電話帳アプリを開いてメニューボタンを押し「インポート/エクスポート」を選択します。

  • インポート→データを取り込むこと
  • エクスポート→外部にデータを出力すること

この場合、SDカードエクスポートすることになるので、

SDカードにエクスポートの項目を選択

すべての連絡先をエクスポート

はい

とすれば、電話帳のデータがSDカードに移行されます。

その後、SDカードを新しい端末に差して、電話帳を開いてメニューからインポートするだけです。

※ ドコモの電話帳を使っている場合、電話帳の保存先をGoogleに設定してから行ってください。Googleアカウントがあれば簡単に設定できます。

nuroモバイル端末一覧ページはこちら

3.Googleドライブを使ってデータ移行する方法

Googleドライブを使ってデータ移行する方法もあります。

具体的な方法は、以下の通りです。

旧Android端末でGoogleドライブにデータをアップロード

左上の「≡」→「設定」→「バックアップ」と進みバックアップを取る。

格安スマホでGoogleアカウントに入って、Googleドライブにアクセスする。

格安スマホでGoogleドライブにアクセスにアクセスすれば、データが見られます。

動画・画像のデータ移行の大まかな流れ

普段から動画や画像の保存先をSDカードにしている場合は、すでにSDカードにデータが入っています。

入っていない場合は、本体に保存されたデータがギャラリーにあるので、ギャラリーを開いて画像・動画を全選択し、SDカードに移行させましょう。

バックアップが終わったらSDカードを取り出して、新しい端末にSDカードを差してからデータ復元をすればOKです。

格安スマホのデータ移行にSDカードを使う時の注意点

SDカードを扱う際は、静電気や湿気などでデータが破損しないように慎重に取り扱ってください。
電源を入れたままSDカードを抜く際には「設定→ストレージ→SDカードのマウントを解除」を行ってから抜くのがポイントです。
データが多すぎるとSDカードに入り切らないので、いらないデータがあれば削除するなどして、整理してから移行させましょう。
また、機種によって対応しているSDカードの最大容量が異なるため、自分の格安スマホでも使用できる容量を確認しておくことをオススメします。
基本的に最初から付属されているSDカードの場合は容量が少ないものが多いです。移行したいデータの量に応じたSDカードを使いましょう。
なお、SDカードを買い足せば入れ替えて保存できます。

iPhoneから格安SIMのAndroidへデータ移行する方法

image008

iPhoneから格安SIMのAndroidへデータ移行する方法でも、Googleドライブを使うとスムーズです。

旧iPhoneのデータをGoogleドライブにアクセス

左上の「≡」→「設定」→「バックアップ」と進みバックアップを取る。

格安スマホでGoogleアカウントに入って、Googleドライブにアクセスする。

格安スマホでGoogleドライブにアクセスにアクセスすれば、データが見られます。

iPhoneから格安SIMのiPhoneへデータ移行する方法

image009

iPhone→iPhoneへのデータ移行はiCloudを使えば簡単にできます。
大まかな手順は、以下の通りです。

旧iPhoneの設定

ユーザー名

iCloudバックアップをオン(データ移行したい項目をオンにしましょう)

今すぐバックアップを作成

でバックアップが完了すればOKです。
その後、新しいiPhoneで「AppleIDとパスワード」を入力してバックアップデータを復元すればいいだけですから非常に簡単です。
その他に、パソコンがある場合はデータ通信料がかからない方法としてiTunesでデータ移行する方法もあります。

パソコンにiTunesをインストールする

旧iPhoneをケーブルでパソコンに接続してバックアップ取る

新iPhoneをケーブルでパソコンに接続してデータを復元する

また、新しいiPhoneの場合は「クイックスタート」という機能があり、iCloudよりもっと簡単にデータ移行することができます。クイックスタートはiOS12.4以降のiPhone同士で利用できます。なお、新しいiPhoneは初期化した状態(工場出荷状態)にしておく必要があります。初期化はiPhoneの設定から行えます。

旧iPhoneと新iPhoneのBluetoothとWi-Fiをオンにして近くに置く

画面の手順に従って操作する

これだけで、iPhoneのデータ移行が行えます。Wi-Fi環境で行うとデータ移行がスムーズに完了します。

今のスマホ。そのまま使える。nuroモバイル

Androidから格安SIMのiPhoneへデータ移行する方法

image012

Androidから格安SIMのiPhoneへデータ移行する場合、Appleが提供している

iOSに移行というアプリを使うと便利です。Wi-Fiのある環境で行いましょう。以下の手順で行いましょう。

iOSに移行をインストール

iPhoneを起動、「設定」→「Appとデータ」→「Androidからのデータ移行」をタップし、パスコードを表示します。

AndroidでiOSに移行を選んでパスコードを入力して、移行したいデータを選択

画面の操作に従う。

アプリとiPhoneの画面の指示に従うだけなので、簡単です。

iPhoneから格安SIMのiPhoneへデータ移行する際の注意点

image013

iPhoneのデータ移行をする前には、エラーが発生するのを防ぐために、新旧iPhoneのiOSとアプリの情報を最新にした状態から行いましょう。
iCloudは5GBまでは無料で使えますが、それ以上になるとバックアップができなくなります。
ストレージは月額料金を払えば増やせますが、お金をかけたくなければGoogleドライブやGoogleフォトがオススメです。GoogleドライブやGoogleフォトは、無料で15GBまで動画・画像がクラウド上に保存できる優れものです。
GoogleドライブやGoogleフォトも月額料金を払えば、容量を増やすこともできます。
iPhoneはSDカードが使えないので、基本的にクラウド上に保存してデータ移行するかたちになります。
データ移行は、データ容量が大きくなりやすいので、回線速度が速いW-iFi環境で行なうことをオススメします。

多くのアプリやWebサービスは格安スマホでログインすればデータ移行は不要

image014

多くのアプリやWebサービスは格安スマホでログインすれば情報を引き継げるので、データ移行は不要です。これは、多くのアプリやサービスは、端末の中ではなくアプリやWebサービス上に情報が保存されているからです。

例えば、TwitterやInstagramは、データ移行を行わなくてもログインをすれば、今まで通り利用できます。

新しいスマホでログインするために、IDとパスワードを確認しておきましょう。もしも、IDやパスワードを忘れた場合も問い合わせをすれば、ログインができるサービスがほとんどです。

注意したいのは、一部のゲームでは引き継ぎを行わないとデータが消えてしまう恐れがあることです。データを引き継ぎたいゲームがある場合は、ゲームの運営会社に「スマホを機種変更する場合、データはどうやって引き継げばよいですか?」と問い合わせましょう。

また、LINEは機種変更先の格安スマホで使うために、引き継ぎ作業を行う必要があります。詳しくは次の章で解説します。

LINEの引き継ぎも忘れずに行いましょう

image015

格安スマホへ機種変更する際に、はLINEの引き継ぎも忘れずに行いましょう。

現在利用中のスマホで行っておくべき設定や作業は、以下の通りです。

(1)LINE(ライン)に登録しているメールアドレスの確認
(2)LINE(ライン)のパスワードを控えておく
(3)トーク履歴のバックアップを取る
(4)「アカウント引き継ぎ設定」をONにする

機種変更先のスマホで行っておくべき設定や作業は、以下の通りです。

(1)SIM種別が「音声通話付き」または「データ+SMS」のLINE引き継ぎ手順
(2)Facebookアカウントを利用した「データ通信専用」プランのLINE引き継ぎ手順
(3)「トーク履歴」を復元する

なお、以下の注意点もあります。
(1)新しいスマホで「新規登録」をタップしない
(2)格安スマホでは、ID検索が利用できない場合がある
(3)引き継ぎ可能な情報と引き継ぎが不可能な情報
LINEの引き継ぎに関しては、「【2021年版】格安スマホへ乗り換え時に失敗しないLINE(ライン)引き継ぎ方法」で詳しくまとめています。画像付きなので、ぜひ活用してください。

格安スマホへ機種変更するならNUROモバイルがオススメ

image018

格安スマホへ機種変更するならNUROモバイルがオススメです。NUROモバイルは、2021年の『オリコン顧客満足度®調査 』 において、格安SIMの総合1位を受賞しています。

NUROモバイルでは以下の2つのプランを用意しているので、自分に合ったプランを選べます。

2つのプランともに、高速通信の5Gオプションが無料で使えます。

  • 低価格!回線もデータ容量も選べる「バリュープラス」
  • 専用帯域だから高品質!インターネットをたっぷり使える「NEOプラン」

それぞれ解説していきます。

低価格!回線もデータ容量も選べる「バリュープラス」

image020

バリュープラスは、ライフスタイルに合わせて、データ容量を3GB・5GB・10GBから選べます。スマホが毎月1,000円程度で使える「安さ」が特徴で、データ通信専用SIMなら月額627円~、音声通話付きSIMは月額792円~で利用できます。
「できるだけスマホ代を安くしたい」と思っている人にはピッタリのプランです。
また、「Gigaプラス」サービスの対象プランです。5GB・10GBのプランを契約すると、3か月毎に以下のデータ容量を追加で受け取れます。追加で受け取ったデータ容量は翌々月まで利用できます。

hyo1

データの繰越にも対応しているので、余った契約データ容量は翌月まで使えます。そのため、データ容量をムダなく利用できます。

「どうして料金が安いの?」と思っている方もいるかもしれません。格安SIMの料金が安い主な理由は、ドコモ・au・ソフトバンクといった大手キャリアから回線を借りているからです。自社で通信設備に投資をしないので、安くサービスを提供できています。

NUROモバイルのバリュープラスなら申し込みの際に、ドコモ・au・ソフトバンクの回線を選べるので、お手持ちのスマートフォンにSIMロック(契約した通信会社以外の回線しか使えないようにする機能)がかかっていても、お申し込み時に同じ回線を選べば、面倒なSIMロック解除をすることなく、すぐに使えるので便利です。
SIMカードを変えるだけなら同じスマホを使うことになるため、データ移行は不要ですよ。

バリュープラスの詳細はこちら

専用帯域だから高品質インターネットをたっぷり使える「NEOプラン」

image024

NEOプランは、20GBというたっぷりのデータ容量を楽しめる上位プランです。

ドコモ回線の音声通話付きSIMで、NEOプランなら月額2,699円、NEOプランLiteなら2,090円です。

専用帯域を使用しているため高品質な通信環境で、インターネットを利用できます。実際に利用しているお客様の声を見ても、快適に利用できていることが分かります。

NEOプラン独自のサービスとして「NEOデータフリー」では、LINE・Twitter・Instagram・TikTokといった対象のSNSがデータ容量を消費せずに使えます。

また、NEOプラン独自のサービスに「あげ放題」もあります。いわゆる「上り(アップロード)」の通信に関しては、データ通信量が消費されません。動画配信やオンライン通話が多い人には嬉しい機能です。

「NEOデータフリー」と「あげ放題」によって、対象SNSで使っているデータ通信量や「上り」通信で使っているデータ通信量が当月のデータ容量から消費されないので、20GBのすべてを「下り」通信に充てられるわけです。

さらにバリュープラスでも紹介したGigaプラスは、NEOプランも対象になっています。3か月毎に15GBが追加で受け取れます。

動画やゲームや音楽等のコンテンツを頻繁に利用する人、仕事でWeb会議を頻繁に行う人等、ギガを使い倒すならNEOプランがオススメです。

「NEOデータフリー」「あげ放題」「Gigaプラス」のサービスは不要で、シンプルにコスパよく使うなら、NEOプランLiteがオススメ。これまで20GBピッタリだった人や少し足りなかった人にとっても、NEOプランLiteは最適なプランです。

NEOプラン・NEOプランLiteどちらのプランも、専用アプリを使わなくても通話料は自動的に半額になるので、便利です。もちろん、データ容量の翌月繰越も可能です。
また申し込み時にかかる初期費用や初月の月額基本料金、解約時にかかる解約金やMNP転出手数料はかからないので、気軽に試せます。

NEOプランの詳細はこちら

まとめ:格安スマホへのデータ移行は手順通りやれば簡単!

image026

大まかなデータ移行を解説しましたが、いかがだったでしょうか。
オススメは、Wi-Fiに接続しながらクラウド上で行う方法です。Wi-Fiに接続してクラウド上で行えば、データ通信量を気にせずに、簡単にバックアップできて簡単に移行できます。
ただ、アプリの内部データの移行の際はくれぐれも気をつけてください。

格安スマホへデータを移管すれば、通信費が抑えられます。
ソニーグループが提供するNUROモバイルには、以下の2つのプランがあり、どちらのプランも高速通信の5Gにも対応しています。

  • 低価格!回線もデータ容量も選べる「バリュープラス」
  • 高品質な通信環境!インターネットをたっぷり使える「NEOプラン」

バリュープラスは、データ容量が3GB・5GB・10GBから選べて、毎月627円~からスマホを使えます。さらにお申し込み時に、ドコモ、au、ソフトバンクの中から好きな回線を選べます。

自分のライフスタイルに合わせやすいので、「毎月のスマホ代をできるだけ安くしたい」という人におすすめのプランです。

NEOプランは、高品質な通信環境で20GBを使えるプランです。
NEOプラン独自のサービスの「NEOデータフリー」と「あげ放題」によって、対象SNS(LINE・Twitter・Instagram・TikTok)で使っているデータ通信量や「上り(アップロード)」通信で使っているデータ通信量は当月のデータ容量から消費されません。20GBのすべてを「下り(ダウンロード)」通信に充てられるので、たっぷりとインターネットを楽しめます。
「快適な通信環境でたっぷりとインターネットをしたい」という人には、ピッタリのプランです。シンプルにコスパよく20GBを使いたいなら、NEOプランLiteもオススメです。

またNUROモバイルでは、1万円台から購入できる格安スマホを取り揃えていますので、格安スマホを購入する際は検討してみてください。

それでは、新しい格安スマホでおトクなスマホライフをお過ごしください。

バリュープラスの詳細はこちら

NEOプランの詳細はこちら

お申し込みはこちら

閉じる

  • パッと電話が粋なんよ

    2GB

    月額 ¥700

  • チャットつまみに一杯

    3GB

    月額 ¥900

  • SNSがやめられないの

    4GB

    月額 ¥1,100

  • パズルゲームが息抜き

    5GB

    月額 ¥1,300

  • 今夜も動画で晩酌よぉ

    6GB

    月額 ¥1,500

  • カフェでテザリング♪

    7GB

    月額 ¥1,700

  • 音楽はストリーミング

    8GB

    月額 ¥1,900

  • 動画もSNSもゲームも!

    9GB

    月額 ¥2,100

  • 通信制限さらばじゃ

    10GB

    月額 ¥2,300


  • 毎日5時間まで使い放題

    5時間/日

    月額 ¥2,500

  • 午前1時~6時まで使い放題

    深夜割

    月額 ¥1,500

  • パッと電話が粋なんよ

    2GB

    月額 ¥980

  • パズルゲームが息抜き

    5GB

    月額 ¥1,780

SIMカードが
入っていません
  • 通信のみ

    月額 ¥0

  • SMS

    月額 ¥150

  • 音声通話付き

    月額 ¥700

  • 音声通話付き

    月額 ¥700

SMS・音声が
入っていません

[数量限定]
ZenFone 3 液晶保護シートプレゼント

  • 2017年7月12日(水)出荷分より、ZenFone 3をお買い上げいただいた方に、液晶保護シートをプレゼントいたします。
  • 液晶保護シートは端末お届け時に同梱させていただきます。
  • 限定数に達し次第終了とさせていただきます。
端末が
入っていません
[an error occurred while processing this directive]
端末が
入っていません

お申し込みに進む

お申し込み