格安SIMを使う前に! 知って安心「MNP」の仕組み

image01

毎月のスマートフォン通信料がおトクになる「格安SIM」サービス。テレビコマーシャルや電車の車内広告で目にした方も多いでしょう。

「使ってみようかな?」と店頭の案内やネット検索をしてみると、必ず行き当たる言葉があります。それが「MNP」なるアルファベット3文字です。ある言葉の頭文字ですが、この世には略称がたくさんあってどうにも覚えられない……と思う方もいることでしょう。

しかし、この記事を読めば「MNPが何たるか」を把握できるはず。毎月の通信料をググッと下げる第一歩を踏み出しましょう!

そもそも「MNP」とは何か?

先ほども書いたように、MNPはある言葉の略称です。その言葉とは……

Mobile … 携帯(電話)
Number … 番号
Portability … ポータビリティー(移動しやすさ)

MNPとは「Mobile Number Portability(携帯電話番号ポータビリティー)」の略称です。つまり、みなさんがお持ちの「090」や「080」から始まる電話番号を、簡単に「移動できる」仕組みを表しています。

どこからどこへ移動するのか。現在、利用している通信事業者から、別の通信事業者へ、です。以前まで、機種やプランの変更で携帯電話の通信事業者を変える(たとえば、auやソフトバンクを使っていた人が、NTTドコモへ変える)と電話番号まで変わってしまいました。連絡を取っていた人へ新しい番号をお知らせしたり、電話がつながらなくて困ったりと手間がかかったのです。

そこで2006年に始まったのがMNP。これにより、それまで使っていた電話番号を、通信事業者を変えても引き継げるようになりました。

ただし、引き継げるのは「電話番号のみ」です。電話番号を利用してメッセージのやり取りをする「SMS」は使えますが、機種を変更した場合のメッセージは引き継げません。大事な文章はコピーして、別途保存しておきましょう。

また、キャリアメールのアドレス(xxx@ezweb.ne.jpといったような通信事業者が提供するメールアドレス)や、アプリ内のメッセージも引き継げません。あくまで、MNPは「電話番号が変わらない仕組み」と覚えておきましょう。

こんな人にMNPはおすすめ!

電話番号を変えずに使える嬉しいサービスではありますが、以下のような方であれば、MNPをする価値があるといえるでしょう。

1.仕事や生活で「電話」をよくする
固定電話への連絡をよくする、または電話でのやり取りが頻繁にあるならば、MNPは必須の手段といえそうです。自分も連絡相手も、アドレス帳などを何も変更せずに済むからです。最近では『LINE』などのメッセージアプリでの音声通話でのやり取りもできるようになりましたが、一日の暮らしぶりを振り返ってみて、どれくらい電話を使っているかをまず振り返ってみましょう。

2.「SMS」をよく使う
電話と同様に、電話番号でメッセージのやり取りができる「SMS」(auでは「Cメール」とも呼ぶ)を使う人も、(1)の理由と同様で、MNPを利用するのがベターでしょう。

3.名刺に携帯電話番号を書いている
個人事業主の方に多いのが、固定回線を事務所に引かず、連絡先として携帯電話番号を記載しているケースです。以前交換した名刺から巡りめぐって連絡が来る可能性も考えると、電話番号はあまり変更せずに固定しておくと、思わぬ依頼が舞い込むかもしれません。

4.緊急連絡先を届け出ている箇所が多い
会社勤めの方をはじめ、自治体のコミュニティ、お子さんが通っている学校などに「緊急連絡先」を届け出ている場合は、電話番号を変更すると再申請しなくてはなりません。漏れると連絡先の用を成さなくなりますので、うっかりミスが怖いと考えるなら、そのままの電話番号を使えるとよいでしょう。

MNPをする前にチェックしたい2つのこと

便利なサービスではありますが、事前にチェックしておきたい箇所もあります。

1.事務手数料がかかる
通常、MNPには「MNP転出手数料」がかかります。キャリアによっても異なりますが、2000〜3000円ほどを見ておけばいいでしょう。「毎月の通信料を下げるためだから、1円でも安く済ませたい!」と考えるならば、関係各所へ連絡する手間を惜しまずに、MNPを利用しないで新規契約するのも手といえます。

2.切り替えには有効期限がある(ただし、過ぎてもペナルティはない)
次に紹介する「4ステップ」でも登場しますが、MNPを行う際には、転出元の通信事業者(現在、使っているキャリア)に「MNP予約番号」を発行してもらう必要があります。

この予約番号には、おおよそ1週間の有効期限が定められていますので、その期間内で手続きを完了しなくてなりません。長期で自宅を開ける場合は避ける、確実に切り替え済みの格安SIMカードを受け取れる日を見積もっておくなど、準備しておくとよいでしょう。

ただし、予約番号の有効期限が切れてしまった場合でも、今まで通りにスマートフォンは利用でき、手数料や違約金も発生しませんのでご安心を。再度、転出元の通信事業者に予約番号の発行を依頼すればOKです。

MNPをするための4ステップ

実際にMNPを進める上で、実は手間らしい手間はほとんどかかりません。店頭へ出向く必要は必ずしもなく、電話かインターネットを使えば済んでしまいます。

ここでは、現在の通信キャリアから、「nuroモバイル」へMNPで移動することを想定してお話します。手続きは2パターンあります。

(1)MNP切り替え済みのSIMカードを受け取る場合
まずは下記の図をご覧ください。以下、図に書かれた番号に沿って、内容を説明します。

image02

1.MNP転出お申し込み
お客様(=あなた)が、nuroモバイル(=格安SIM事業者)へ乗り換えるときには、現在利用中の携帯事業者(=NTTドコモ、au、ソフトバンクなど)に「MNP転出申し込み」を行います。申し込み窓口は事業者によって異なりますが、電話、インターネット、ショップ窓口のいずれかで対応してもらえます。

2.MNP予約番号の発行
申し込みをすると「MNP予約番号」が発行されます。予約番号には有効期限がありますので、定められた日数以内で次のステップへ進んでください。ちなみに、この段階ではMNPは完了していません。気変わりするようなことがあれば、有効期限を超えると自動的に番号は失効になりますので、そのまま使わずに待っていて構いません。予約番号の発行には回数制限もありませんが、事前に検討してから発行すると、申し込みの手間も減ってよいでしょう。

3.MNP転入お申込み
MNP予約番号が発行されたら、移動先の通信事業者との契約を進めます。nuroモバイルの場合は、公式サイトの契約申し込み項目に「MNPの利用」という欄があります。発行された予約番号、利用する電話番号、有効期限を入力すればOKです。

image03

4.SIMカードの発送
契約が完了すると、SIMカードが発送されてきます(スマートフォンセットを注文した場合は、スマートフォンも同梱されています)。手順に沿ってSIMカードを取り付ければ、以前までの番号はそのままで通信を利用できます。なお、MNPの転出・転入が完了した時点で、以前契約していた通信事業者は自動的に解約となります。

この際、MNPの転出・転入が確定した時点からSIMカードが発送されてくるまでに、数日間を要する可能性があります。この間は、手持ちのスマートフォンでの電話やインターネット通信が行えなくなります。連絡をするかもしれない人たちには、事前にお知らせしておくようにしておくと安心です。

(2)自宅でMNPの切り替えを行う場合
(1)の方法だと、転入申し込みからSIMカードの発送まで数日間を要する可能性がありましたが、切り替え日時を指定する代わりに、そのタイムロスを最小限に抑えるやり方もあります。自宅でMNPの切り替えを行う方法です。

(1)のフローの1〜2までは同様ですが、3の「MNP転入申し込み」の際に、「切り替えタイミング」を「SIM受け取り後に自宅でMNPを行う」にチェックを入れて、手続きを進めてください。

SIMカードが送られてきたら、「開通予約ページ」から切り替え日を設定します。指定の日時までこれまで通りの通信事業者のSIMが使い、切り替えが済んだら、nuroモバイルのSIMに差し替えます。

電話や通信が不通になる時間をなるべく少なくしたい人にはうってつけの方法ですが、たとえばnuroモバイルを月末に申し込んだ場合、以前の通信事業者との契約が月またぎとなってしまうと、余計な出費がかかる恐れもあります。

切り替えのタイミングをしっかり見定めておきましょう。

image04

各キャリア(携帯事業者)からMNPを利用して、格安SIMへ乗り換える場合の具体的なステップは、以前にお届けした「主要キャリアからMVNOに乗り換えるには!?方法と注意点まとめてみた」でも詳しく紹介しています。ぜひ併せてご覧ください。

MNPは要点をつかめば難しくありません。今までの電話番号を引き継ぎながら、おトクなスマートフォンライフを過ごす第一歩が、この記事から始まれば嬉しいです!

カートを閉じる

SIMカードが
入っていません
  • パッと電話が粋なんよ

    2GB

    月額 ¥700

  • チャットつまみに一杯

    3GB

    月額 ¥900

  • SNSがやめられないの

    4GB

    月額 ¥1,100

  • パズルゲームが息抜き

    5GB

    月額 ¥1,300

  • 今夜も動画で晩酌よぉ

    6GB

    月額 ¥1,500

  • カフェでテザリング♪

    7GB

    月額 ¥1,700

  • 音楽はストリーミング

    8GB

    月額 ¥1,900

  • 動画もSNSもゲームも!

    9GB

    月額 ¥2,100

  • 通信制限さらばじゃ

    10GB

    月額 ¥2,300


  • 毎日5時間まで使い放題

    5時間/日

    月額 ¥2,500

  • 午前1時~6時まで使い放題

    深夜割

    月額 ¥1,500

SMS・音声が
入っていません
  • 通信のみ

    月額 ¥0

  • SMS

    月額 ¥150

  • SMS・通話付

    月額 ¥700

端末が
入っていません

[数量限定]
ZenFone 3 液晶保護シートプレゼント

  • 2017年7月12日(水)出荷分より、ZenFone 3をお買い上げいただいた方に、液晶保護シートをプレゼントいたします。
  • 液晶保護シートは端末お届け時に同梱させていただきます。
  • 限定数に達し次第終了とさせていただきます。

容量+契約タイプの月額

¥----

※別途通話料、手続き費用等がかかります
※端末のお支払い金額はこちら

お申し込みに進む

容量+契約タイプの月額
¥----

お申し込み

※別途通話料、手続き費用等がかかります
※端末のお支払い金額はこちら

カートを閉じる

SIMカードが
入っていません
  • パッと電話が粋なんよ

    2GB

    月額 ¥700

  • チャットつまみに一杯

    3GB

    月額 ¥900

  • SNSがやめられないの

    4GB

    月額 ¥1,100

  • パズルゲームが息抜き

    5GB

    月額 ¥1,300

  • 今夜も動画で晩酌よぉ

    6GB

    月額 ¥1,500

  • カフェでテザリング♪

    7GB

    月額 ¥1,700

  • 音楽はストリーミング

    8GB

    月額 ¥1,900

  • 動画もSNSもゲームも!

    9GB

    月額 ¥2,100

  • 通信制限さらばじゃ

    10GB

    月額 ¥2,300


  • 毎日5時間まで使い放題

    5時間/日

    月額 ¥2,500

  • 午前1時~6時まで使い放題

    深夜割

    月額 ¥1,500

SMS・音声が
入っていません
  • 通信のみ

    月額 ¥0

  • SMS

    月額 ¥150

  • SMS・通話付

    月額 ¥700

端末が
入っていません

[数量限定]
ZenFone 3 液晶保護シートプレゼント

  • 2017年7月12日(水)出荷分より、ZenFone 3をお買い上げいただいた方に、液晶保護シートをプレゼントいたします。
  • 液晶保護シートは端末お届け時に同梱させていただきます。
  • 限定数に達し次第終了とさせていただきます。

容量+契約タイプの月額

¥----

※別途通話料、手続き費用等がかかります
※端末のお支払い金額はこちら

お申し込みに進む

容量+契約タイプの月額
¥----

お申し込み

※別途通話料、手続き費用等がかかります
※端末のお支払い金額はこちら