「SIMフリー」とは? そもそもSIMって? これだけ押さえればOK!

「SIMフリーに変えたら毎月の携帯代が下がった」

「あなたの使い方なら格安スマホが断然お得です!」

こんな言葉を街中やテレビ、雑誌などで目にしたことはないでしょうか? どうやら「SIMフリー」や「格安スマホ」に切り替えると、毎月の携帯電話代が今よりグッと安くなるらしい……ということはぼんやりわかっても、そもそも「SIM(シム)」ってなに? 何かの頭文字?と思ったあなた……正解です!

SIMはスマートフォンを使う上での基本パーツ。これからスマートフォンと賢く付き合っていこうと思うならば、押さえておいて損はありません。

この記事では「SIMとはそもそも何か」というポイントからスタートして、「SIMフリー」への変更方法、月々の携帯電話代がお得になる「格安SIM」に至るまでを紹介していきます。

そもそもSIMとは?どんな役割がある?

SIMは、正しくは「SIMカード」というスマートフォンのパーツです。略さずに英語で書くと“Subscriber Identity Module Card”となり、頭文字をとってSIMカードと呼ばれています。 身元を意味する“Identity”が含まれている、つまり「誰のスマートフォンなのか」を判別するためのカードです。

主に3つのサイズに分かれており、大きいものから標準SIM、MicroSIM(マイクロSIM)、nanoSIM(ナノSIM)です。最近ではMicroSIMが一般的に使われています。

SIMカードはスマートフォンに挿して使います。本体の側面や、バッテリーカバーを外したところに差込口があるでしょう。いま、あなたがこのサイトをスマートフォンのモバイル通信で見ているならば、あなたのスマートフォンにも必ずSIMカードが入っています。おそらく、各種携帯キャリアのスマートフォンを契約した時に、ショップの店員さんが小さなカードを入れてくれたはず。あれがSIMカードです。

スマートフォンでモバイル通信を使って電話をかけたり、インターネットに接続したりするためにはSIMカードが必須。SIMカードにはそれぞれ固有の回線情報が記録されています。「スマートフォンの住民票」といったところでしょうか。電話番号はじめ、どの携帯キャリア(NTTドコモ、au、ソフトバンク)を使っているかといった契約情報なども、SIMカードでわかるようになっています。

ここまでのまとめ

  • SIMカードはスマートフォンに挿して使うパーツ
  • SIMカードは「誰のスマートフォンか」を判別するためのIDカードのようなもの
  • モバイル通信を使うにはSIMカードは必須である

「SIMフリースマートフォン」で自由を手に入れよう

SIMカードの役割を見たところで、次は「SIMロック」と「SIMフリースマートフォン」について話を進めていきます。

突然ですが、こんな話を聞いたことはありませんか?

「僕のスマホはNTTドコモなんだけど、auで欲しいスマホが出てもSIMカードを替えただけじゃ使えないんだって」

ざっくり言うと、この状態を「SIMロックがかかっている」と呼びます。日本の携帯キャリアでは「NTTドコモのSIMカードは、NTTドコモが販売しているスマートフォンでしか使えない」ようになっています。これはNTTドコモだけでなく、auも、ソフトバンクも同様です。SIMカードを他の携帯キャリアのスマートフォンで使えないようにロックして(鍵をかけて)いる、というわけです。

「SIMフリースマートフォン」は、端的に言えば「SIMロック」の逆です。ロックがかかっていない、つまり「どんなSIMカードでも使えるスマートフォン」となります。

主に香港や台湾、欧米などで売られているスマートフォンには、この「SIMフリー」モデルが多くあります。最近、耳にするようになった「格安スマホ」の多くもSIMフリーです。正しく契約されているSIMカードであれば、どれを挿しても動作します。

……ここまで聞くと、SIMロックがかかっているスマートフォンより、SIMフリーの方が自由でいいじゃないかと思われるでしょう。はい、その通りなんです。SIMフリースマートフォンを手にすると、次のパートで説明する「格安SIM」も使えるようになります。

ちなみに、長らく日本の携帯キャリアはSIMロックをかけてスマートフォンを販売していましたが、現在では機種の制限はあるものの申請をすればSIMロックを解除できるようになりました。手続きはそれぞれ異なりますので、下記のページをご参照ください。

SIMロック解除の手続き | お客様サポート | NTTドコモ

SIMカードに関するご案内 | スマートフォン・携帯電話をご利用の方 | au

ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する / SIMロック解除 | SIMロック解除、他社製品でのソフトバンクのご利用について確認する | お客さまサポート | モバイル | ソフトバンク

ここまでのまとめ

  • スマートフォンのは「SIMロック」のかかったものと、「SIMフリー」のものがある
  • 「SIMフリー」は、あらゆるSIMカードが使えて自由度が高い
  • 日本の携帯キャリアで販売されたスマートフォンも申請すればSIMロックを解除できる

オススメの「格安SIM」は使い方で選ぶ

1.SIMカードは、モバイル通信を使うスマートフォンに必須のパーツである
2.SIMフリースマートフォンであれば、契約済みのどんなSIMカードでも使える

この2点をおさらいしたところで、いよいよ毎月の携帯電話代がググッとお得になる「格安SIM」について紹介していきましょう。

格安SIMとは、各種携帯キャリアが整備したモバイル通信ネットワークを、サービス事業者が間借りして、独自の価格で提供するサービスのことを呼んでいます。

厳密にいえば違いはありますが、たとえば空の移動手段としてメジャーになりつつある、LCC(ローコストキャリア)と似ているところがあります。LCCはサービスなどを絞ることで安価な航空券を用意していますが、使っている空港は大手航空会社と同じ。充実のメニューを用意するメジャー航空会社(=各種携帯キャリア)に対して、ユーザーサポートなどを絞って価格を抑えるLCC(=格安SIM)といった図です。

格安SIMは月々の価格こそ安価ですが、使っているモバイル通信ネットワークは各種携帯キャリアが整備したものなので、電波の届くエリアなどに大きな違いはありません。ただし、サポート体制や通信制限量などサービスの提供内容は、格安SIMのサービス事業者によってまちまち。「自分がどんなふうにスマートフォンを使いたいか」で選んでいく必要があるでしょう。

格安SIMには大きく分けて2種類あります。

まず「音声通話SIMカード」は、電話もインターネットも使いたい人向けです。090や080といった電話番号で通話でき、各種携帯キャリアからのMNP(ナンバーポータビリティ)による電話番号の引き継ぎにも対応しています。SMSの送受信も可能です。

次に「データ専用SIMカード」は、インターネットのみできれば良い人向き。会社用の携帯電話が支給されているとか、ふだんはまったくスマートフォンで電話をしないとかであれば、音声通話SIMカードよりもさらに割安で使えるのがメリットです。

ちなみに、格安SIMを提供するサービス事業者を「MVNO」と呼びます。 MVNOを活用するメリット・デメリットについてなどは、以前に掲載したコラムが参考になるでしょう。併せてご参照ください。

MVNOとは?仕組み・安さのヒミツを解説 | So-net モバイルサービス

ここまでのまとめ

  • 格安SIMは、各種携帯キャリアが整備した通信網を間借りしたサービス事業者によって提供されている。格安SIMだから電波の利用エリアが狭まる、といったようなことはない
  • 格安SIMは価格を押さえる代わりに、ユーザーサポートや通信制限量などのサービス提供内容は各社まちまち。自分に合った使い方から選ぶのがオススメ
  • 格安SIMには「音声通話SIM」と「データ専用SIM」の2種類がある

たとえば、こんな格安SIMカード。

ここまでSIMカードについてご案内してきましたが、いかがでしょうか。まったくピンとこなかったSIMカードが、少しでも「そういうことだったのか!」と納得できていたら嬉しいです。

最後に、格安SIMカードのご紹介をします。今、このコラムをお読みいただいているSo-netのサイトでも、スマートフォンの端末代金込みで、月々1980円(税抜)から使える「格安SIM+スマホセット」などをご提供しています。ちょうどスマートフォンを買い換えたかった、月々の携帯電話代を下げたかったという方は、ぜひチェックしてみてください。

また、各種携帯キャリアから、格安SIMに乗り換えるための手順や注意点などは、過去記事の「主要キャリアからMVNOに乗り換えるには!?方法と注意点まとめてみた」をどうぞご参考まで。

カートを閉じる

SIMカードが
入っていません
  • パッと電話が粋なんよ

    2GB

    月額 ¥700

  • チャットつまみに一杯

    3GB

    月額 ¥900

  • SNSがやめられないの

    4GB

    月額 ¥1,100

  • パズルゲームが息抜き

    5GB

    月額 ¥1,300

  • 今夜も動画で晩酌よぉ

    6GB

    月額 ¥1,500

  • カフェでテザリング♪

    7GB

    月額 ¥1,700

  • 音楽はストリーミング

    8GB

    月額 ¥1,900

  • 動画もSNSもゲームも!

    9GB

    月額 ¥2,100

  • 通信制限さらばじゃ

    10GB

    月額 ¥2,300


  • 毎日5時間まで使い放題

    5時間/日

    月額 ¥2,500

  • 午前1時~6時まで使い放題

    深夜割

    月額 ¥1,500

SMS・音声が
入っていません
  • 通信のみ

    月額 ¥0

  • SMS

    月額 ¥150

  • SMS・通話付

    月額 ¥700

端末が
入っていません

[数量限定]
ZenFone 3 液晶保護シートプレゼント

  • 2017年7月12日(水)出荷分より、ZenFone 3をお買い上げいただいた方に、液晶保護シートをプレゼントいたします。
  • 液晶保護シートは端末お届け時に同梱させていただきます。
  • 限定数に達し次第終了とさせていただきます。

容量+契約タイプの月額

¥----

※別途通話料、手続き費用等がかかります
※端末のお支払い金額はこちら

お申し込みに進む

容量+契約タイプの月額
¥----

お申し込み

※別途通話料、手続き費用等がかかります
※端末のお支払い金額はこちら

カートを閉じる

SIMカードが
入っていません
  • パッと電話が粋なんよ

    2GB

    月額 ¥700

  • チャットつまみに一杯

    3GB

    月額 ¥900

  • SNSがやめられないの

    4GB

    月額 ¥1,100

  • パズルゲームが息抜き

    5GB

    月額 ¥1,300

  • 今夜も動画で晩酌よぉ

    6GB

    月額 ¥1,500

  • カフェでテザリング♪

    7GB

    月額 ¥1,700

  • 音楽はストリーミング

    8GB

    月額 ¥1,900

  • 動画もSNSもゲームも!

    9GB

    月額 ¥2,100

  • 通信制限さらばじゃ

    10GB

    月額 ¥2,300


  • 毎日5時間まで使い放題

    5時間/日

    月額 ¥2,500

  • 午前1時~6時まで使い放題

    深夜割

    月額 ¥1,500

SMS・音声が
入っていません
  • 通信のみ

    月額 ¥0

  • SMS

    月額 ¥150

  • SMS・通話付

    月額 ¥700

端末が
入っていません

[数量限定]
ZenFone 3 液晶保護シートプレゼント

  • 2017年7月12日(水)出荷分より、ZenFone 3をお買い上げいただいた方に、液晶保護シートをプレゼントいたします。
  • 液晶保護シートは端末お届け時に同梱させていただきます。
  • 限定数に達し次第終了とさせていただきます。

容量+契約タイプの月額

¥----

※別途通話料、手続き費用等がかかります
※端末のお支払い金額はこちら

お申し込みに進む

容量+契約タイプの月額
¥----

お申し込み

※別途通話料、手続き費用等がかかります
※端末のお支払い金額はこちら