かわいく盛れてる?ギャルが教える本気の自撮り講座

自撮り中のぽみたんさん

みなさんはスマートフォンをどのような用途で使っていますか?

電話したりメールしたり、音楽を聴いたり、Webサイトを閲覧したりと便利なスマートフォンですが、それだけじゃありません。スマートフォンが登場したことにより、もっとも便利になったもの。それはカメラです。

フィーチャーフォン(ガラケー)にもカメラは付いていましたが、スマートフォンになってからは画素数が大幅に向上。デジタルカメラに負けずとも劣らない高画質な写真を撮ることが誰にでも簡単にできるようになったほか、多くのカメラアプリや画像加工アプリが登場。スマートフォン1台で、様々な表現を持った写真を撮影することができるようになりました。

さらに、近年ではTwitterやInstagramといったSNSの普及もあいまって、「自撮り」と呼ばれる文化が大きく注目され、特に若い女性の間では、その撮影テクニックも日に日に進化し続けています。

So-netのモバイルサービスでは、今回はそんな「自撮り」に注目!「自撮り」シーンの最先端を学ぶべく、渋谷「GANGURO CAFE」店長のぽみたんさんに取材を行いました。「自撮り」という言葉が生まれる前から磨かれ続けてきたギャルの自撮りテクニックとは、果たして?

デフォルトのカメラアプリは使わない!

──自撮りといえば若い女の子といいますか、本当の初期はギャルの方たちがつくりあげてきた文化だと思います。いままさに「GANGURO CAFE」の店長としてギャルをやられているぽみたんさんはどのように自撮りをされているのか、教えていただけないでしょうか。ちなみにいまスマホは何をつかっていますか?

ぽみたんありがとうございます! わたしはiPhone 6 ですね。ふだん、カメラアプリは「BeautyPlus」を使っています。綺麗に映るし、他のアプリも結構使ってみたんですけど、色が鮮やかなんですよね。もう他のカメラアプリは全部消しちゃいました。

──では最初から入っている公式のカメラアプリはつかわない?

ぽみたん滅多に使わないですね。自撮り以外でも「BeautyPlus」を使うことが基本ですよ!「BeautyPlus」では、もともとの写りも盛れてるんですけど、明るさが簡単に変えれるんですよ。色も、オレンジにできたりとか、いろいろ設定が入ってるんですけど。その中でも私は「fresh」ってうモードをよく使ってますね。おすすめですよ〜。

内カメより外カメのほうが画質が良い!

So-netのモバイルサービスでも展開している「Xperia™ J1 Compact」でも撮ってもらいました

ぽみたんだいたいみんな、自撮りする時って、内カメで自分の顔を見ながらやるじゃないですか。そこが私は違って、外カメを使うんですね。これ覚えといてくださいよ(笑)。で、フラッシュをONにします。からの〜タイマーを3秒でセットします。これを何回か繰り返して。

──比べてみたら一目瞭然ですね。自撮りって誰しも基本的に内カメを使っているというか、そもそも外カメを使って自撮りをする人をはじめて知りましたが、それってギャルの間では普通なんですか?

ぽみたんいや、これは私のオリジナルですね! 友だちにも「なんで外カメ使うの?」って聞かれるんですけど、内カメだと画質がすごく悪いんですよ実は。比べるとわかるんですけど、内カメだとぼやぼやで。少しでも写真は綺麗に撮りたいじゃないですか?

(ぽみたんさん、外カメと内カメでの自撮りを実演)

ぽみたんほら、みてください。色がすごい鮮やかになったでしょ。

左:外カメラ+フラッシュで撮った写真 右:内カメラで撮った写真

──たしかに、比べてみると一目瞭然ですね。

ぽみたんこれは機種にもよると思うんですが、内カメは画質が悪いのに加えて、フラッシュが付いてないじゃないですか。だから外カメで撮ってるんですよね。

「GANGURO CAFE」のメンバーの子とかにも、写メするとき、私のカメラで撮りたがるんですよ(笑)。「なんでそんな綺麗なの? どういう設定してんの?」って言われたら携帯を借りて、設定してあげて、きれいな撮り方を教えてあげてます。

──「かわいく見えるポーズ」とかの話になると思ったのですが、かなりスマートフォンのカメラならではの技術的な話になって驚きです。

ぽみたんポーズはむしろけっこうふつうに、上のほうからカメラを合わせて、顔を斜め気味に撮りますね。友達同士だと、ギャルは顔が見えないくらい下を向いて撮るっていうスタイルもあるんですけど。そんときも同じように外カメで撮りますね。やっぱり色が鮮やかになることが一番大切なのかも。むかしはがっつり黒肌感がわかるような加工をしてましたね(笑)。

──ぽみたんさんの周りでは広がっていってるんですね。

ぽみたんでも鮮やかなのより暗くみせたいっていう人もいるんで、そういう写真が好きな人には合わないかもしれないですね。ふつうの写真を今日撮ったやつでも、この鮮やか系の色に変えちゃいます。これの場合は撮らない場合、ふつうのカメラで撮った写真も。

SNSにアップするときは、2回加工!

左:加工後の自撮り 右:加工前の自撮り

──加工も「BeautyPlus」で全部やられてるんですね?

ぽみたん基本的にはそうですね。「BeautyPlus」+外カメ+フラッシュの組み合わせにたどり着くまでには、かなりいろいろ試して撮ったりして研究しました。去年くらいにここまでたどり着いて、いまもまだまだ研究中です(笑)。

内カメと外カメの画質が違うことってわりとみんな気づいてないんですよね。だいたいの人は、なんでこんなに綺麗に自撮りとれるの?ってよく聞かれます。「BeautyPlus」っていうアプリ自体は女の子の間ではかなりメジャーになってきていますけど、外カメ+フラッシュで自撮りするのは、少し新しいかもですね。

そうだ、アップするときはTwitterを使うんですけど、それも理由があって! Twitterってアップするときに画像が加工できるじゃないですか? Twitterの「breeze」っていうフィルターを「BeautyPlus」で加工した写真にさらに上掛けしていますね。

──Twitterでもさらに加工するんですか…! 驚きです。

ぽみたん2回加工(笑)。Instagramにもあげるんですけど、順序的にはTwitter→Instagramで。Twitterで加工した写真ってスマホに保存されるんですね。だからそれをInstagramにもアップするようにしてます。Facebookやブログにもあげてますね。一番最初に必ずTwitterで加工するから、そういう理由でTwitterに一番アップしています。

あと「Photo Frame」っていうアプリもおすすめですよ! SNSにアップするとき、これで複数の写真を組み合わせて一枚の画像にしてアップしたりしてますね。本当に、写真周りで使うアプリはこれくらいかも。ムービーも「BeautyPlus」に「自撮り動画」っていう機能があって、それを使っています。

自撮りの探求はまだまだ続く!

──お話を聞いてると、自撮りに対してかなりこだわりが強いのが分かりました。

ぽみたんわたし、研究しすぎなのかな?(笑)。自撮りをはじめたのは高校生の頃だと思うんですけど、どうやったら綺麗に撮れるんだろうって考えまくってます。

最初は、客観的に自分のメイクだったりをみたくて、目のアップだったりとかを撮ってたんですよ。鏡で自分の顔を見るのと、写真で見るのって全然違うじゃないですか? そこから次第にこだわるようになっていきましたね。

私のやり方だと、内カメで撮影するための自撮り棒とかは使わないんです。やっぱりまだまだ、内カメで撮る子のほうが多いですよ。外カメだと、自分の表情が見れないっていう弱点はあるので。でもフラッシュと同時に、どのくらいの距離だったらピントがあったり、見切れないか、というのを繰り返して練習すれば、だいたい感覚で分かるようになります。

実は、自分がいまどんな表情をしているかまでは私でもわからないんですけど、何回か撮れば良い感じになります! 表情は常に変えながら撮って、その中から良いやつを選べばOKです。ダメだったやつは削除(笑)。

──加工といえば、いまはカメラアプリにスタンプがついていて、プリクラみたいに遊べるものもありますよね。

ぽみたんそうですねー。私は使わないですけど……スタンプを押すっていうことは、やっぱり盛れてないところを隠すって感じがしちゃって。こっちの目はいいけど、こっちの目がちょっと気に食わないとか。私はそれが嫌なんです。何もない状態で、完璧に撮れたときしか載せない。自分で納得できたときしか載せたくないです! なるべくスタンプで隠さないで、綺麗に撮りたいんですよね。

いまわたしが使ってるのはiPhoneですけど、今後また新しい端末も出てくだろうし、Androidの機種でもまた違うだろうし、今回のテクニックもいつまで通用するかわからないですけど、また新しい機種にした時も楽しみですね。iPhone 7になったら内カメの画質が綺麗になってフラッシュも付くかもしれないし(笑)。

筆者とも自撮りしていただけました! ぽみたんさん直伝の外カメ自撮りです。

ガングロカフェ
http://ganguro.jp
渋谷区宇田川町26-9 太田ビルB1F「CAFE&BAR VANDALISM」内
毎週火水金土 24:00〜翌朝5:00

閉じる

SIMカードが
入っていません
  • パッと電話が粋なんよ

    2GB

    月額 ¥700

  • チャットつまみに一杯

    3GB

    月額 ¥900

  • SNSがやめられないの

    4GB

    月額 ¥1,100

  • パズルゲームが息抜き

    5GB

    月額 ¥1,300

  • 今夜も動画で晩酌よぉ

    6GB

    月額 ¥1,500

  • カフェでテザリング♪

    7GB

    月額 ¥1,700

  • 音楽はストリーミング

    8GB

    月額 ¥1,900

  • 動画もSNSもゲームも!

    9GB

    月額 ¥2,100

  • 通信制限さらばじゃ

    10GB

    月額 ¥2,300


  • 毎日5時間まで使い放題

    5時間/日

    月額 ¥2,500

  • 午前1時~6時まで使い放題

    深夜割

    月額 ¥1,500

SMS・音声が
入っていません
  • 通信のみ

    月額 ¥0

  • SMS

    月額 ¥150

  • SMS・通話付

    月額 ¥700

端末が
入っていません

[数量限定]
ZenFone 3 液晶保護シートプレゼント

  • 2017年7月12日(水)出荷分より、ZenFone 3をお買い上げいただいた方に、液晶保護シートをプレゼントいたします。
  • 液晶保護シートは端末お届け時に同梱させていただきます。
  • 限定数に達し次第終了とさせていただきます。

容量+契約タイプの月額

¥----

※別途通話料、手続き費用等がかかります
※端末のお支払い金額はこちら

お申し込みに進む

容量+契約タイプの月額
¥----

お申し込み

※別途通話料、手続き費用等がかかります
※端末のお支払い金額はこちら

閉じる

SIMカードが
入っていません
  • パッと電話が粋なんよ

    2GB

    月額 ¥700

  • チャットつまみに一杯

    3GB

    月額 ¥900

  • SNSがやめられないの

    4GB

    月額 ¥1,100

  • パズルゲームが息抜き

    5GB

    月額 ¥1,300

  • 今夜も動画で晩酌よぉ

    6GB

    月額 ¥1,500

  • カフェでテザリング♪

    7GB

    月額 ¥1,700

  • 音楽はストリーミング

    8GB

    月額 ¥1,900

  • 動画もSNSもゲームも!

    9GB

    月額 ¥2,100

  • 通信制限さらばじゃ

    10GB

    月額 ¥2,300


  • 毎日5時間まで使い放題

    5時間/日

    月額 ¥2,500

  • 午前1時~6時まで使い放題

    深夜割

    月額 ¥1,500

SMS・音声が
入っていません
  • 通信のみ

    月額 ¥0

  • SMS

    月額 ¥150

  • SMS・通話付

    月額 ¥700

端末が
入っていません

[数量限定]
ZenFone 3 液晶保護シートプレゼント

  • 2017年7月12日(水)出荷分より、ZenFone 3をお買い上げいただいた方に、液晶保護シートをプレゼントいたします。
  • 液晶保護シートは端末お届け時に同梱させていただきます。
  • 限定数に達し次第終了とさせていただきます。

容量+契約タイプの月額

¥----

※別途通話料、手続き費用等がかかります
※端末のお支払い金額はこちら

お申し込みに進む

容量+契約タイプの月額
¥----

お申し込み

※別途通話料、手続き費用等がかかります
※端末のお支払い金額はこちら