スマホ・携帯紛失!その時、すぐにやるべき対応や対策

話題 2015.12.17

ない、ない…スマホがない!! どこかに忘れた、落とした、どこに置いたか忘れた、はたまた盗難にあった、など理由はいろいろあれど、近くを探してもスマホが見つからないと、パニック状態になってしまうことも。このコンテンツでは、スマートフォンや紛失時の対応について紹介します。

まずは落ち着いて。身の回りの確認、自分の行動の再確認を

着ている服のポケット、持っている鞄の中、足元、イスの下やお尻の下などなど、“なくした!”と思ったら、いつもと違うところから出てきたというケースは少なくありません。
深呼吸して、ちょっと冷静になって、直近の自分の行動から思い返して、スマートフォンの所在を身の周りから探してみましょう。最後にスマートフォンを触ったのはどこ? お店で食事をした直後に気づいたのなら、すぐに引き返して尋ねるのもいいでしょう。
服や鞄など身の回りを探して見つからなければ、落ち着いて自分の行動を思い出しましょう。誰かと一緒なら、電話をかけてもらったり、あなたの行動を聞いてみたりしましょう。

『スマートフォンを探す』や『iPhoneを探す』を使ってスマホの場所を調べる

・Androidの場合

パソコンや家族の携帯端末などから自分のGoogleアカウントにアクセスし、『スマートフォンを探す』(端末を探す)を使います。標準搭載されている機能ですが、あらかじめGoogleアカウントで端末を紛失した時の対処方法などを設定しておく必要があります。
スマートフォンがある場所を特定するには、「端末を探す」をクリックして「Androidデバイスマネージャー」を開きます。地図上に位置情報が表示されれば、その場所付近にスマホがあります。

・iPhoneの場合

パソコンや家族の携帯端末などから自分のiCloudにアクセスし、『iPhoneを探す』を使います。標準搭載されている機能ですが、あらかじめ「iPhoneを探す」をオンにしておく必要があります。
iCloudの「iPhoneを探す」をクリックし、地図上に位置情報が表示されれば、その場所付近にiPhoneがあります。

Android、iPhoneのいずれも、端末の電源がオンの状態で、「位置情報サービス」(GPS)がオンになっていなければ場所の表示ができません(オンになっていても、GPSや携帯の電波が受信できないような場所にある場合も同様です)。バッテリーの消費が早いなどのデメリットがありますが、万一の事態に備えて「位置情報サービス」をオンにしておくと安心です。なお、表示される位置情報には、数メートル~数十メートルの誤差があります。

電車に忘れた場合は、すぐに駅員に連絡&取りまとめ駅に連絡

もし、電車内に忘れたり、落としたりしたのであれば、状況によって問い合わせ先が変わってきます。
前述の「スマートフォンを探す」「iPhoneを探す」でスマホの位置情報を表示し、スマホの位置が移動しているなら、まだ電車内にあるかもしれません。位置が動かないなら、拾得物として保管してあるかもしれません。
電車での忘れ物の際は、「気づくまでの時間」で対応が変わります。電車から降りてすぐに気がついたなら、乗っていた電車の路線や時刻、何両目のどのあたりだったかなどを覚えておくか、控えておきましょう。乗っていた路線によって忘れ物の問い合わせ先が異なりますので、警視庁のこちらのページ(鉄道関係遺失物のJR取りまとめ駅一覧表)を参照して、電話をかけてみてください。

OS別、スマホ紛失時の対応・対策

Android端末とiPhoneとで、それぞれ自分でできる紛失時の対応がありますので紹介しましょう。

・Android端末紛失時に自分でできる対応

Androidのスマートフォンを紛失した時、位置情報サービスがオフ状態だったとしても、Googleアカウントの「スマートフォンを探す」(端末を探す)から、さまざまな方法でなくしたスマホを見つけたり、個人情報などが盗まれるリスクを回避することができます。

◆着信音を鳴らす
身近なところで見つからないなら、着信音を鳴らしてみるのが手っ取り早い手段です。マナーモードにしていても強制的に大きな音が5分間鳴ります。

◆ロックする
第三者にスマホの中身を見られたり、個人情報を盗まれたりすることを回避するために、スマートフォンをロックすることができます。それと同時に、スマホのディスプレイに「紛失したスマートフォンです。返却にご協力ください。」などの発見者に対するメッセージを表示できます。

◆データ消去を行う
盗難された場合や、悪意ある第三者による使用を防ぐために、端末のデータを消去する対策を取ることもできます。バックアップを取っていれば、端末が手元に戻ってきた時や新しいAndroid端末を用意した時に、なくす前の状態に復元可能です。
また、「携帯通信会社に連絡する」の項目もあります。各社によって提供されるサービスが異なりますが、不正使用を防ぐための処置などが取れます。

・iPhone(iOS端末)紛失時に自分でできる対応

紛失したiPhoneの位置情報サービスがオフ状態だったとしても、iCloudの「iPhoneを探す」では、見つけるための方法やiPhoneからの個人情報などが盗まれることを防ぐ対策を取ることができます。

◆サウンドを再生
家の中や職場でなくしたといった時には、「サウンドを再生」をクリックしてiPhoneから音を鳴らすことができます。マナーモードにしていても強制的に大きな音が鳴ります。

◆紛失モード
「紛失モード」をクリックすると、強制的になくしたiPhoneがある位置情報を表示できます。同時に、iPhoneにはロックがかかり、ディスプレイに「このiPhoneは持ち主が紛失したものです。見つけた方はご連絡をお願いします。」といったメッセージや連絡先を表示させることができます。

◆iPhoneの消去
盗難にあった場合やiPhoneに保存しているデータや情報を第三者に見られたくない場合などには、「iPhoneの消去」をクリックすることで、情報漏えいやデータ流出の危険を回避することができます。インストールしているアプリ、各種設定、電話帳データ、保存している写真など、コンテンツや設定がすべてリセットされた状態になります。なお、iTunesでバックアップを取っていれば、iPhoneが手元に戻ってきた時や新しいiPhoneを用意した時に、アプリや設定などをなくす前の状態に復元可能です。
※コンテンツやアプリによっては復元できないものもあります。

大手携帯会社別、スマホ紛失時の対応・対策

大手携帯会社それぞれについて、スマートフォン紛失時の連絡先や対応を確認しておきましょう。なお、回線の一時停止は、OS別の対応を行った後に実行します。

・NTTドコモの紛失時の対応

利用しているスマートフォンの機種やオプション契約、端末の事前設定の有無などによって対応内容が異なります。
まずは、0120-524-360(通話料無料・24時間受付)に契約者本人が電話をかけ、必要な手続き取りましょう。パソコンなど(My docomo)や、ドコモショップで手続きすることも可能です。第三者による不正使用を防ぐために、一時的に「サービスの利用中断」を行いますが、その前に以下の操作・手続きを実行します。

◆ケータイお探しサービス
GPSなどを利用して、紛失した端末がある場所を地図上に表示します。機種や「ケータイ補償」サービス契約の有無などによって、事前申し込みや事前設定が必要で、有料または無料での提供となります。

◆おまかせロック
端末本体にロックをかけて、個人情報やおサイフケータイなどの機能もロックし、不正利用を未然に防ぎます。

◆遠隔初期化
第三者による不正利用や情報盗難・漏えいなどを防ぐために、端末自体の初期化やSDカードに保存されているデータを、遠隔操作で消去します。機種によっては事前の設定が必要です。また、消去したデータの復元はできません。
なお、iPhoneやiPadは、NTTドコモが提供する「ケータイお探しサービス」「おまかせロック」「遠隔初期化」は利用できないため、iCloudの「iPhoneを探す」より操作を行います。

◆サービスの利用一時中断
利用中断については、Android端末もiOS端末も同じで、電話(0120-524-360)、パソコン、ドコモショップでの手続きが可能です。

NTTドコモの紛失時の対応について、詳しくはこちらで確認できます。
盗難・紛失したときは
紛失・盗難などによる利用中断・再開

・auの紛失時の対応

オプション契約、端末の事前設定の有無、機種などによって対応内容が異なります。
0077-7-113もしくは0120-925-314(通話料無料・24時間受付)の「お客さまセンター」に契約者本人が電話をかけるか、パソコンなど(My au)から自分で手続きを行います。

◆携帯電話を探す/遠隔ロック
GPSなどを利用して、紛失した端末がある場所を地図上に表示します。また、端末本体にロックをかけて、個人情報やおサイフケータイなどの機能もロックし、不正利用を未然に防ぎます。
ただし、あらかじめ「auスマートパス」「auスマートサポート」「故障紛失サポート」のいずれかに加入(有料)しておく必要があります。また、スマートフォンにも「My au」アプリがインストールされており、「位置検索サポート」の設定を行っている必要があります。
なお、iPhone/iPadは、遠隔ロック非対応です。
「auスマートパス」「auスマートサポート」「故障紛失サポート」のいずれにも加入していない場合は、Androidなら「スマートフォンを探す」、iPhoneなら「iPhoneを探す」を利用して、自分で各種操作を実行します。

◆回線の停止/停止解除
第三者による悪用を防ぐため、回線の利用を一時的に停止(緊急通話停止)し、通話や通信が行えないようにします。パソコンなどでMy auにアクセスして自分で操作するか、お客さまセンターに電話をかけて対応してもらいます。回線の停止/停止解除は、オプション契約などに関係なく利用できます。

auの紛失時の対応について、詳しくはこちらで確認できます。
盗難・紛失でお困りのとき

・ソフトバンクの紛失時の対応

オプション契約、端末の事前設定の有無、機種などによって対応内容が異なります。
0800-919-0113(通話料無料・24時間受付)に契約者本人が電話をかけるか、パソコンなど(My SoftBank)から自分で手続きを行います。

◆紛失ケータイ捜索サービス
GPSなどを利用して、紛失した端末がある場所を地図上に表示します。利用するには、オプションの「基本パック」(有料)に加入する必要があります。

◆安心遠隔ロック
端末本体にロックをかけて、個人情報やおサイフケータイなどの機能もロックし、不正利用を未然に防ぎます。利用するには、オプションの「基本パック」(有料)に加入する必要があります。また、事前に「安心遠隔ロック」アプリをスマートフォンで設定しておく必要があります。標準搭載のアプリとダウンロード版のアプリとで、実行できる機能が異なります。
「基本パック」に加入しない場合や「安心遠隔ロック」アプリの設定を行っていない場合は、Androidなら「スマートフォンを探す」、iPhoneなら「iPhoneを探す」を利用して、自分で各種操作を実行します。

◆回線停止
第三者による悪用を防ぐため、回線の利用を一時的に停止(緊急停止)し、通話や通信が行えないようにします。パソコンなどでMy SoftBankにアクセスして自分で操作するか、電話をかけて対応してもらいます。回線停止・解除は、オプション契約などに関係なく利用できます。

ソフトバンクの紛失時の対応について、詳しくはこちらで確認できます。
紛失・盗難にあったとき

「おサイフケータイ」やクレジット機能などの停止

スマートフォンで決済ができる「おサイフケータイ」機能を利用している場合、各大手携帯会社や、iCloud、Googleアカウントが提供する「遠隔ロック」などの操作で機能の停止を行いますが、失くした端末の電源がオフになっていると遠隔操作ができない場合があります。

この場合、各サービスの提供会社に利用停止などの連絡を行うか、各サービスのWebサイト・アプリなどから自分で操作を行います。

各サービスの携帯端末紛失時の対応は、それぞれ以下をご確認ください。

・モバイルSuica
「携帯情報端末の紛失・盗難」

・QUICPay
各クレジットカード発行会社に連絡し、サービスの利用停止を依頼します。

・iD
各クレジットカード発行会社に連絡し、サービスの利用停止を依頼します。

・楽天Edy
「Edyカード・おサイフケータイの盗難・紛失について」

交番またはインターネットで「遺失物届」を提出

身近なところや思い当たる場所を探してもスマホが見つからなければ、最寄りの交番や警察署で「遺失物届」を提出しましょう。遺失物届は、失くした端末の特長、場所、時間、連絡先など必要事項を記入して提出します。紛失した場所の近くや自宅近くなど、どこからでも提出でき、遺失物として警察に届けられた際に連絡がもらえます。神奈川県警や埼玉県警など一部の警察署では、インターネット経由で遺失物届を提出できます。

SNSや登録サイトなどのパスワード変更

TwitterやInstagram、FacebookなどのSNSアプリを利用している方は多いでしょう。スマホを紛失した場合は、パソコンや家族のスマホを借りるなどして自分のアカウントにログインし、パスワードを変更しておくと安心です。紛失したスマホを手にした悪意ある第三者が、あなたのアカウントを乗っ取ったり、情報を盗み取ったりすることを防げます。また、スマホから個人情報などを登録したサイトにアクセスしている場合は、それらWebサイトの登録パスワードも変更しておきましょう。

スマホを紛失後、LINEはどうすればいい?

スマホを紛失してしまったら、LINEのアカウントの停止も行いたいところですが、仕様上停止機能がありません。そのため、LINEを使用できる他の携帯端末を使ってアカウントの引き継ぎ操作を行うことで、自動的に紛失したスマホのLINEアカウントを利用できなくします。
スマホ版のLINEでは、複数の端末から同一アカウントで使うことはできない仕様になっています。別の端末から、紛失した端末のLINEアカウントの情報でLINEにログインすると、紛失した端末のアカウントが自動的に利用できなくなります。facebook認証を行っていた場合はこの方法を利用します。
あるいは、紛失した端末のLINEアカウントと同じ電話番号を使用して遠隔で利用できなくすることが可能です。
なお、LINEアカウントを削除すると、友だちリストやトーク履歴のほか、有料アイテム、LINEコインなどすべてのデータが削除され、復元することはできません。
詳しくは、LINEのWebサイトの「ヘルプ」→「セキュリティ」→「携帯を盗まれた/落としてしまいました」をご確認ください。


万一のスマートフォン紛失や盗難に備えて、対策を取っておくこと、心構えをしておくことで、スムーズな対応ができます。失くした時にどういう手順を踏めばよいか事前に確認・把握し、あらかじめ必要な設定や必要なオプション契約を行っておけば安心です。

※このページに掲載しているリンクや各社のサービス名称、手順等は予期せず変更されている場合があります。あらかじめご了承ください。

2017年11月28日時点の情報です

閉じる

  • パッと電話が粋なんよ

    2GB

    月額 ¥700

  • チャットつまみに一杯

    3GB

    月額 ¥900

  • SNSがやめられないの

    4GB

    月額 ¥1,100

  • パズルゲームが息抜き

    5GB

    月額 ¥1,300

  • 今夜も動画で晩酌よぉ

    6GB

    月額 ¥1,500

  • カフェでテザリング♪

    7GB

    月額 ¥1,700

  • 音楽はストリーミング

    8GB

    月額 ¥1,900

  • 動画もSNSもゲームも!

    9GB

    月額 ¥2,100

  • 通信制限さらばじゃ

    10GB

    月額 ¥2,300


  • 毎日5時間まで使い放題

    5時間/日

    月額 ¥2,500

  • 午前1時~6時まで使い放題

    深夜割

    月額 ¥1,500

  • パッと電話が粋なんよ

    2GB

    月額 ¥980

  • パズルゲームが息抜き

    5GB

    月額 ¥1,780

SIMカードが
入っていません
  • 通信のみ

    月額 ¥0

  • SMS

    月額 ¥150

  • 音声通話付き

    月額 ¥700

  • 音声通話付き

    月額 ¥700

SMS・音声が
入っていません

[数量限定]
ZenFone 3 液晶保護シートプレゼント

  • 2017年7月12日(水)出荷分より、ZenFone 3をお買い上げいただいた方に、液晶保護シートをプレゼントいたします。
  • 液晶保護シートは端末お届け時に同梱させていただきます。
  • 限定数に達し次第終了とさせていただきます。
端末が
入っていません
[an error occurred while processing this directive]
端末が
入っていません

お申し込みに進む

お申し込み