Hulu、Netfix、GYAO!…動画配信サービス徹底比較 一体どれがいいの?

話題 2015.12.10

2015年9月にアメリカのNetflixが日本進出を果たしてから、さらにその熱を増してきたオンライン動画サービス。この記事では現在展開中の8つの動画サービスについて、基本料金、配信本数や映像、得意ジャンル、特典(メリット)、気になる点、同時再生端末数といったポイントに注目して、それぞれをまとめてみました。

現在は多数の動画サービスが立ち上がり、Netflixのような米国発、GYAOなどの日本発サービスが入り乱れている状態となっています。そんな状況を後押ししている理由のひとつとしては、スマートフォンやタブレットでも手軽に高速・大容量通信を楽しめるようになったことが大きいでしょう。

さらに、多くの動画サービスは、PC・スマートフォン・タブレットなど、複数端末での視聴を快適にするため、「自宅のPCで観ていた動画の続きを、スマートフォンから観る」といった「引き継ぎ再生」機能まであります。自宅でも屋外でも観たい動画を切れ目なく観られるのは、動画の楽しみ方を変える大きな進化といえるでしょう。

このように大小さまざまなサービスがある中で、次に必要なのは「自分にぴったりなサービス」の見極めです。ほとんどの動画サービスは無料体験期間を用意しているので、気になるサービスがあればトライしてみてはいかがでしょう。

(※なお、それぞれのデータはの記事執筆時点のものであり、独自の調査を含みます。料金などが変更している可能性がありますので、詳しくは公式サイトでご確認ください)

1.Hulu

Hulu(フールー)http://www.hulu.jp/

Huluのポイント

月額料金 933円
※ 2週間の無料体験期間あり
配信本数 約13,000本
現状の得意ジャンル 海外ドラマ
メリット ・720pの高画質配信
・日本テレビのタイトルを多く配信
・見たい動画をまとめておける「マイリスト」が便利
気になる点 ・日本国外からはアクセスできない
・倍速再生に未対応
同時再生端末数 1台

アメリカに本拠地を置くHulu(フールー)は、2011年に日本向けサービスを開始後、2014年には日本テレビが買収し、展開しています。そのため『笑点』といった日本テレビで放送中の番組をはじめ、相互提供によりさまざまなテレビ局制作の番組も楽しめます。海外ドラマや映画も配信しており、月額見放題なのもポイント。スマートフォン用の専用アプリも用意されており、デバイスを問わずに視聴できます。

2.Netfix

Netflixhttps://www.netflix.com/jp/

Netfixのポイント

月額料金 650円(ベーシック)、950円(スタンダード)、1,450円(プレミアム)
※ 1ヶ月の無料体験期間あり
配信本数 未公表
現状の得意ジャンル 独自タイトル
メリット ・Netfilxだけの独自タイトルを持っている
・ビッグデータを活用したレコメンド機能がある
・4K動画を見られる(プレミアムのみ)
・レスポンス(早送りや巻き戻し)が速い
・海外作品は全て吹き替えがある
気になる点 ・まだ米国主導で日本向けのコンテンツ量に物足りなさがある
同時再生端末数 1台(ベーシック)、2台(スタンダード)、4台(プレミアム)

アメリカに本拠地を起き、大きな人気を持つNetflixが2015年に日本展開を始めた際は「黒船」とも評されました。テレビ放映ではなくNetflix独自で制作したタイトルを配信したり、すぐれたレコメンド機能を有したりと、今後さらなる魅力を発揮してくれるであろうサービスといえます。又吉直樹さんの芥川賞受賞小説『火花』を映像化し、独占配信するニュースも新鮮なトピックです。

3.Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオhttp://www.amazon.co.jp/b?node=3535604051

Amazonプライムビデオのポイント

月額料金 3,900円/年(月換算325円)
※ 30日間の無料体験期間あり
配信本数 未公表
現状の得意ジャンル 際立ったものはなし
メリット ・低価格な料金
・オフライン再生に対応
・アマゾンプライムサービスも受けられる
・AKBライブを独占配信
・KindleやAndroidではダウンロード再生が可能
気になる点 ・作品数の少なさ
・吹き替え未対応
・高画質で観るためには追加料金が発生する
同時再生端末数 2台

インターネット通販大手のAmazonも映像配信サービスに取り組んでいます。配信本数は他のサービスには見劣りしますが、月額にならした際の低価格な料金は魅力です。何よりも “Amazonの有料会員” という位置づけのため、「お急ぎ便」や「お届け日時指定便」といった通販での特典が利用できるのも大きなメリット。Amazonを普段から利用する人であれば検討の余地ありです。モバイルデバイスでの視聴を考えると、低画質の方が全体のデータ量は少ないので助かるシーンもありそうです。

4.GYAO!

GYAO!http://gyao.yahoo.co.jp/

GYAO!のポイント

月額料金 基本料金は0円で、一部は有料の従量課金制。
ただし、プレミアムコースはYahoo!プレミアム会員(380円)になる必要あり
配信本数 50,000本以上
現状の得意ジャンル 国内ドラマ
メリット ・無料で見られる
気になる点 ・人気作品の配信に弱さがある
同時再生端末数 1台

Yahoo!JAPANが運営する動画サイト。前身はUSENが運営していましたが、合併して現在の形となりました。無料で見られる代わりにテレビと同じく視聴前や視聴中にCM動画が挟み込まれる形式をとっています。また、一部のタイトルを観るためにはその都度ライセンスを購入しなくてはならないため、うっかり金額がかさまないように注意しなくてはなりません。すでにYahoo!プレミアム会員の場合は、見放題のタイトルも拡充されるのでメリットがより大きくなるでしょう。

5.U-NEXT

U-NEXThttp://video.unext.jp/

U-NEXTのポイント

月額料金 月額1,999円(ただし、毎月サイト内で使える1,000pがもらえ、一部の映画やコミックはポイントでの購入。)
※ 31日間の無料体験期間あり
配信本数 100,000本以上(毎月2,000本更新を謳う)
現状の得意ジャンル 全般的に網羅
メリット ・コンテンツ数の多さ
・成人向け配信もある
・クロスデバイスで再生可能(1つのアカウントで4デバイスまで同時再生可能)
・「U-NEXTプレーヤー」をつかえば配信作品のダウンロードが可能
・「BookPlace for U-NEXT」も利用できるため電子書籍も読める
気になる点 ・人気作品がほぼ課金対象のため、利用料金がかさ
同時再生端末数 4台

前述のGYAO!から分離する形で生まれた動画サービス。劇場公開やTV放送から間もない最新作の配信にも力を入れており、作品数が豊富なのが特長です。基本的には月額料金で観られるのですが、人気作や話題作は都度課金のスタイルが多いようで、こちらも費用がかさまないように気をつけましょう。「毎月2,000本以上更新」を謳っており、旧作も積極的に取り入れたり、雑誌やコミック、書籍の配信も行っている点では際立った存在といえそうです。

6.バンダイチャンネル

バンダイチャンネルhttp://www.b-ch.com/

バンダイチャンネルのポイント

月額料金 月額1,080円(全て見放題。ただし無料会員でも半数ほどの作品は試聴可能)
配信本数 2,800本以上
現状の得意ジャンル アニメ、特撮
メリット ・アニメのライブ配信(Twitterと連動させることでリアルタイムで盛り上がれる)
・アニメ作品数はトップクラス
気になる点 ・画質の物足りなさ
同時再生端末数 1台

バンダイチャンネルは、特長のある動画サービスとして筆頭にあがるといってもよいでしょう。アニメや特撮モノに特化したラインアップを備えており、現在テレビで放送中のアニメが見放題に含まれていることも。90年代ごろのアニメだけでなく、『妖怪人間ベム』など日本アニメの草創期作品もあり、アニメの歴史を感じたり、世代を超えて楽しめたりする動画サービスといえそうです。

7.dアニメストア

dアニメストアhttps://anime.dmkt-sp.jp/

dアニメストアのポイント

月額料金 月額400円
※ 31日間の無料体験期間あり
配信本数 1,500本
現状の得意ジャンル アニメ、特撮
メリット ・他サービスと比べて月額料金が安い
・連続再生・レコメンド機能あり
・見たい作品のリクエストができる
・ダウンロード再生が可能
気になる点 ・同じ得意ジャンルのサービスより配信本数が少ない
同時再生端末数 1台

NTTドコモとKADOKAWAが設立したドコモ・アニメストアが展開する動画サービス。その名の通りにアニメ作品専門の動画サービスです。以前はNTTドコモ回線の利用者しか利用できませんでしたが、現在はキャリアを問わずに視聴できるようになりました。作品数こそバンダイチャンネルには劣りますが、月額料金の安さが魅力です。また、声優・アーティストのライブ配信や、アニメ原作のミュージカル、Webラジオ、オーディオドラマなど、アニメ以外の作品配信も進めており、今後の配信コンテンツ拡充が期待されます。

8.TSUTAYA TV

TSUTAYA TVhttp://tsutaya-tv.jp/

TSUTAYA TVのポイント

月額料金 月額933円(見放題作品+新作2本分のポイントがつく)、単品での購入も可能
※ 30日間の無料体験期間あり
配信本数 45,000タイトル
現状の得意ジャンル 洋画、邦画
メリット ・最新タイトルも見られる
・ダウンロード再生が可能
・宅配レンタルサービス「TSUTAYAディスカス」とのセット料金割引あり
気になる点 ・プラン設計が複雑
・Chromeでの視聴は非対応
同時再生端末数 2台

レンタル大手のTSUTAYAが大元となって運営している動画サービス。リアルなレンタルショップ同様に、映画を中心とした多くのタイトルを用意しています。100円につき1ポイントのTポイントも貯まります。また、TSUTAYA TVの大きな特長として、配信サービスだけでなく、DVD/BDを宅配レンタルできる「TSUTAYAディスカス」との連携サービスがあげられます。TSUTAYAディスカスの「DVD/CD借り放題プラン」(月額1865円)を組み合わせることで、配信もレンタルもし放題というパックになります。動画配信だけでなく、普段からレンタルもするようなら、検討の余地ありです。

ここまで見てきたように、「動画サービス」とひとくくりにすれば同じに思えても、月額料金や得意ジャンルが大きく異なります。MVNOのスマートフォンで視聴したい場合を考えると、ひとつの決め手になりうるのが「ダウンロードできる」ことです。Wi-Fi環境で接続し、本体にダウンロードすることで、通信料の節約にもつながります。

また、特定の動画サービスでのみ配信されているタイトルもあるため、どうしても見たいタイトルがある場合は、利用するサービスが自ずと決まってしまうかもしれません。

これから配信タイトルも拡充され、サービスも加熱しそうな動画配信の分野。無料お試し期間も賢く使って、楽しんでみてはいかがでしょうか。

カートを閉じる

SIMカードが
入っていません
  • パッと電話が粋なんよ

    2GB

    月額 ¥700

  • チャットつまみに一杯

    3GB

    月額 ¥900

  • SNSがやめられないの

    4GB

    月額 ¥1,100

  • パズルゲームが息抜き

    5GB

    月額 ¥1,300

  • 今夜も動画で晩酌よぉ

    6GB

    月額 ¥1,500

  • カフェでテザリング♪

    7GB

    月額 ¥1,700

  • 音楽はストリーミング

    8GB

    月額 ¥1,900

  • 動画もSNSもゲームも!

    9GB

    月額 ¥2,100

  • 通信制限さらばじゃ

    10GB

    月額 ¥2,300


  • 毎日5時間まで使い放題

    5時間/日

    月額 ¥2,500

  • 午前1時~6時まで使い放題

    深夜割

    月額 ¥1,500

SMS・音声が
入っていません
  • 通信のみ

    月額 ¥0

  • SMS

    月額 ¥150

  • SMS・通話付

    月額 ¥700

端末が
入っていません

[数量限定]
ZenFone 3 液晶保護シートプレゼント

  • 2017年7月12日(水)出荷分より、ZenFone 3をお買い上げいただいた方に、液晶保護シートをプレゼントいたします。
  • 液晶保護シートは端末お届け時に同梱させていただきます。
  • 限定数に達し次第終了とさせていただきます。

容量+契約タイプの月額

¥----

※別途通話料、手続き費用等がかかります
※端末のお支払い金額はこちら

お申し込みに進む

容量+契約タイプの月額
¥----

お申し込み

※別途通話料、手続き費用等がかかります
※端末のお支払い金額はこちら

カートを閉じる

SIMカードが
入っていません
  • パッと電話が粋なんよ

    2GB

    月額 ¥700

  • チャットつまみに一杯

    3GB

    月額 ¥900

  • SNSがやめられないの

    4GB

    月額 ¥1,100

  • パズルゲームが息抜き

    5GB

    月額 ¥1,300

  • 今夜も動画で晩酌よぉ

    6GB

    月額 ¥1,500

  • カフェでテザリング♪

    7GB

    月額 ¥1,700

  • 音楽はストリーミング

    8GB

    月額 ¥1,900

  • 動画もSNSもゲームも!

    9GB

    月額 ¥2,100

  • 通信制限さらばじゃ

    10GB

    月額 ¥2,300


  • 毎日5時間まで使い放題

    5時間/日

    月額 ¥2,500

  • 午前1時~6時まで使い放題

    深夜割

    月額 ¥1,500

SMS・音声が
入っていません
  • 通信のみ

    月額 ¥0

  • SMS

    月額 ¥150

  • SMS・通話付

    月額 ¥700

端末が
入っていません

[数量限定]
ZenFone 3 液晶保護シートプレゼント

  • 2017年7月12日(水)出荷分より、ZenFone 3をお買い上げいただいた方に、液晶保護シートをプレゼントいたします。
  • 液晶保護シートは端末お届け時に同梱させていただきます。
  • 限定数に達し次第終了とさせていただきます。

容量+契約タイプの月額

¥----

※別途通話料、手続き費用等がかかります
※端末のお支払い金額はこちら

お申し込みに進む

容量+契約タイプの月額
¥----

お申し込み

※別途通話料、手続き費用等がかかります
※端末のお支払い金額はこちら