MVNOのスマートフォンを両親におすすめするべき幾つかの理由

話題 2015.10.7

ほんの10年もたたない頃まで、「携帯電話」と聞いて思い浮かべるのは、“二つ折り”であったり、“ストレートタイプ”であったり、いわゆる「ガラケー(フィーチャーフォン)」が当たり前でした。世の中の流れが変わったのは2007年、米・アップル社が初代のiPhoneを発表します。

そこからほんの数年で、街中の人々やテレビドラマの登場人物まで、手にしているのは「スマートフォン」に変わってしまったのです。

使い慣れたガラケーからスマートフォンに変える理由がわからない、それになんだか難しそう……というイメージから、いまだにガラケーを愛用している方もいるでしょう。とはいえ、私の60代の母親もほんの昨年までそのひとりでしたが、今では慣れた手つきでスマートフォンを使いこなしています。

本人の慣れの問題だけではなく、最近では、ガラケーにまつわるトラブルやお悩みも増えているようです。

いくつか例を挙げると、まずは利用者が少なくなっていることもあり、ガラケー向けの表示ページを設けていないサイトが増えてきていること。そして、この流れは今後もさらに進んでいくでしょう。

ガラケーとスマートフォンでコミュニケーションが取りにくくなってきた

スマートフォンから送った写真がガラケーで開けないことも多々あります。スマートフォンの写真は「高画質で大容量」になってきており、ガラケーでは容量オーバーになってしまうためです。「孫の写真がほしい」とリクエストをもらっても、スマートフォン側でいちいち画像サイズを小さくしなくてはならず、億劫になってしまいがち…という話も聞きます。

さらに、ガラケーから送ったメールに気づきにくいという声も。スマートフォンではLINEなどのメッセージアプリでやり取りするのが今や当たり前。キャリアメールや、電話番号でのメッセージ送信(SMS)を使うのは限定的で、見過ごしがちになってしまうのです。

あなたにとっても、両親にとっても、スマートフォンでそろえた方がコミュニケーションがスムーズになるはず。あなたが両親にスマートフォンを勧める立場ならば、新しい趣味やちょっとした冒険を教えてあげる気持ちで、チャレンジを手伝ってみてはいかがでしょう?

私がそんなふうに気安く言えるのは、いま、スマートフォンはガラケーで払う月々のお金とそれほど変わらず、選択肢もたくさんある中から、手頃に選べるようになったからです。


それでは以下に、両親に説明をするときに参考となる情報をまとめていきます。

気になる月々の料金、スマートフォンの方が安い?!

通信機器の利用実態などを調べている日本のリサーチ会社「MM総研」のレポートによると、2015年3月末において、スマートフォンの月額利用料金は、平均で6342円。一方、ガラケーは平均2739円です。この料金には「通話料」「データ通信料」「オプション料」の合算で、端末購入費用・端末割賦料金は含んでいません。

平均で3500円近く差があるのは、主にスマートフォンのデータ通信料に大きな違いがあるからです。ガラケーで使う通信回線よりも高速かつ大容量の「4G(LTE)」と呼ばれる回線をユーザーは現在のメインとして使っていますが、大手通信キャリアのプランでは、この回線使用料がちょうど差額分を上回るくらいの金額に設定されていることが多いようです。

そこで、いま価格の安さから注目されているのが、「格安スマホ」とも表される「MVNO」サービス。MVNOは以前にこのサイトでも基礎知識編を紹介していますが、大まかに言うと、大手通信キャリアであるNTTドコモやauからネットワークを借り、その回線を自社のブランドとして活用しているサービスのことです。

たとえば、インターネットのプロバイダーなどで知られるSo-netのMVNOサービスを例に挙げると、新品スマートフォンと回線使用料のセットが2480円(!)から用意されています。先ほど、ガラケーの使用料平均が2739円だったことを見ると、スマートフォンの割賦料金を含んで2480円は驚きですよね。

ただし、家族割や通話料無料などのサービスはなし

しかし、そんな格安といわれているMVNOでも、大手通信3キャリア(NTTドコモ、au、ソフトバンク)家族割りや通話料無料などのサービスは実施されていないケースが多いため注意が必要です。

基本的な家族割プランというものは基本使用料や通話料から割引するサービスです。そのため、MVNOを使う場合に主なやりとりは電話、という場合は逆に高くついてしまう可能性もあります。

MVNOのサービスは通話し放題を保証するようなものではありませんので、その点だけ注意して賢く使ってもらえると良いですね。

MVNOなら「使えるアプリ」&「継続利用」で、もっとお得に!

やっぱり通話料金が気になる、割引サービスがないと損した気分になる、そう思う方もいるかもしれませんが、スマートフォンならではのお得になる方法があります。それが「アプリ」。メッセージをやり取りしたり、ゲームをしたり、写真を取ったりするだけでなく、月々の料金節約に役立つものもあるのです。

たとえば、通話アプリ『楽天でんわ』なら、電話番号はそのままに音質も変わらず電話ができるのに通話料が半額で済みます。利用も、基本使用料は無料で、事前に通話料の支払い方法などを登録するだけです。また、LINEを含めたメッセージアプリには、インターネット経由で利用者同士が音声通話できるサービスもあります。通話料は一切かかりません。

電話やメールなど、細々とかかっていた通話料や通信料が、スマートフォンなら簡単に節約できるのです。

また、So-netのMVNOサービスをはじめとしたMVNOサービスなら、継続利用をすることで料金がさらに安くなることがあります。例えば先に紹介した2480円のスマートフォンセットなら、本体端末の支払い期間が終わると、音声/データ通信SIMの月額プラン料金である月額1890円だけで利用できるのです! ガラケーと単純に比較するのではなく、長い目で見ての付き合いが賢い利用に繋がる、ということでしょう。

このポイントを乗り越えられれば、MVNOはオススメできます

しかし、誰しもがMVNOに切り替えるとハッピーなの? という質問には、いくつかのハードルがあることを知っておくべきでしょう。

1.MVNOは「街の携帯ショップ」では質問できない

大手通信キャリアは故障や料金の見直しなどで相談できるよう、みなさんの街にショップを設けています。MVNOはそれらの現地窓口はなく、基本的にはインターネットに問い合わせ窓口を用意していることが多いのです。そのため、わからないことや、トラブル対応などは、インターネットなどを活用して自ら対処する必要が出てきます。

ですが、ガラケーと違って、多くのサイトが見やすく、わかりやすく表示できるため、知らない単語などはYahoo!やGoogleで「○○ 意味」などと検索すると、ヒントになる情報にたどり着きやすいでしょう。

2.クレジットカードが必要

契約の際に、クレジットカードでの支払いを受け付けていることが多いため、持っていない場合は作成する必要があります。

3.通信キャリアの「メールアドレス」が使えなくなる(ただし、電話番号は引き継げる)

これまで使えていた「@docomo.ne.jp」や「@i.softbank.jp」といったメールアドレスは使えなくなりますので、メールマガジンなどの登録を見直してみてください。その代わり、無料のメールサービスであれば、Yahoo!が提供する「Yahoo!メール」や、Googleが提供する「Gmail」を、利用していくことになります。

すでに使っている方なら、これまではパソコンだけしかこれらのメールが見られなかったかもしれませんが、スマートフォンは「小さなパソコン」のようなもの。パソコンのメールも設定すれば、スマートフォンで見られるようになるのは便利です。

最近では「LINE」などのメッセージアプリも盛ん。特に子どもの世代ではメールを使わずにそれらのアプリだけを使っているケースも。使い方も簡単ですので、家族で教え合う時間を少し持てれば、すぐ使えるようになりますよ!

なお、今まで使っていた電話番号は、音声通話サービスを提供しているMVNOであればそのまま引き継げます(この引き継ぎを「MNP」と呼びます。手順はこちらの記事で紹介しています)。

月々の料金を減らしたいという場合だけでなく現在スマートフォンは各社様々なライフスタイルや状況に合わせたプランを提供しています。自分たちの生活にフィットしたスマートフォンライフが送れるように、現在の契約状況と今後の利用ペースを、いちど見直してみてはいかがでしょうか。

カートを閉じる

SIMカードが
入っていません
  • パッと電話が粋なんよ

    2GB

    月額 ¥700

  • チャットつまみに一杯

    3GB

    月額 ¥900

  • SNSがやめられないの

    4GB

    月額 ¥1,100

  • パズルゲームが息抜き

    5GB

    月額 ¥1,300

  • 今夜も動画で晩酌よぉ

    6GB

    月額 ¥1,500

  • カフェでテザリング♪

    7GB

    月額 ¥1,700

  • 音楽はストリーミング

    8GB

    月額 ¥1,900

  • 動画もSNSもゲームも!

    9GB

    月額 ¥2,100

  • 通信制限さらばじゃ

    10GB

    月額 ¥2,300


  • 毎日5時間まで使い放題

    5時間/日

    月額 ¥2,500

  • 午前1時~6時まで使い放題

    深夜割

    月額 ¥1,500

SMS・音声が
入っていません
  • 通信のみ

    月額 ¥0

  • SMS

    月額 ¥150

  • SMS・通話付

    月額 ¥700

端末が
入っていません

[数量限定]
ZenFone 3 液晶保護シートプレゼント

  • 2017年7月12日(水)出荷分より、ZenFone 3をお買い上げいただいた方に、液晶保護シートをプレゼントいたします。
  • 液晶保護シートは端末お届け時に同梱させていただきます。
  • 限定数に達し次第終了とさせていただきます。

容量+契約タイプの月額

¥----

※別途通話料、手続き費用等がかかります
※端末のお支払い金額はこちら

お申し込みに進む

容量+契約タイプの月額
¥----

お申し込み

※別途通話料、手続き費用等がかかります
※端末のお支払い金額はこちら

カートを閉じる

SIMカードが
入っていません
  • パッと電話が粋なんよ

    2GB

    月額 ¥700

  • チャットつまみに一杯

    3GB

    月額 ¥900

  • SNSがやめられないの

    4GB

    月額 ¥1,100

  • パズルゲームが息抜き

    5GB

    月額 ¥1,300

  • 今夜も動画で晩酌よぉ

    6GB

    月額 ¥1,500

  • カフェでテザリング♪

    7GB

    月額 ¥1,700

  • 音楽はストリーミング

    8GB

    月額 ¥1,900

  • 動画もSNSもゲームも!

    9GB

    月額 ¥2,100

  • 通信制限さらばじゃ

    10GB

    月額 ¥2,300


  • 毎日5時間まで使い放題

    5時間/日

    月額 ¥2,500

  • 午前1時~6時まで使い放題

    深夜割

    月額 ¥1,500

SMS・音声が
入っていません
  • 通信のみ

    月額 ¥0

  • SMS

    月額 ¥150

  • SMS・通話付

    月額 ¥700

端末が
入っていません

[数量限定]
ZenFone 3 液晶保護シートプレゼント

  • 2017年7月12日(水)出荷分より、ZenFone 3をお買い上げいただいた方に、液晶保護シートをプレゼントいたします。
  • 液晶保護シートは端末お届け時に同梱させていただきます。
  • 限定数に達し次第終了とさせていただきます。

容量+契約タイプの月額

¥----

※別途通話料、手続き費用等がかかります
※端末のお支払い金額はこちら

お申し込みに進む

容量+契約タイプの月額
¥----

お申し込み

※別途通話料、手続き費用等がかかります
※端末のお支払い金額はこちら