スマホがヒトを進化させる?茂木健一郎が語る「脳とスマホ」の関係

コラム 2015.6.30

「スマホですか? 学生からレポートを受け取るときには、スマホでメールが届いているかを確認しますし、LINEで朝の時間帯に『起きてる?』などと日常的なコミュニケーションをとる場合にも活用していますね」

そう話すのは、5月27日に新刊『東京藝大物語』(講談社)を上梓したばかりの脳科学者、茂木健一郎さん。同書は、茂木さんが東京藝術大学の非常勤講師として過ごした日々を私小説の形で綴ったものですが、学生とのコミュニケーションを図る際には、LINEなどを介することが多いようです。また、学者同士の交流でも同じだといい、フィンランドで開かれる学会に備えて「『フィンランドムーミン一家』という連絡用グループをつくりました(笑)」とのこと。

人とのふれあいでスマートフォン(スマホ)を活用する茂木さんですが、本職の脳科学者としての見地からは、どのように考えているのでしょうか。「MVNO lab」ではMVNOとスマホの未来を考えるべく、茂木さんに「脳とスマホ」の関係について聞いてみました!

「スマホは史上最強のドーパミン発生装置」

――スマホを利用することは、人の脳にどのような影響を与えるのでしょうか?

知能指数(IQ)に関する実例として、「フリン効果」という現象が挙げられます。オタゴ大学名誉教授のジェームズ・フリンが提唱したもので、先進国に住む人のIQはどのように変動しているかを10年単位で調べると、大体7ずつ上がり続けていることが発見されました。こうなった理由として有力なのが、情報環境が発達したからだという説。モバイルデバイスから提供される数多くの情報を見て、人の脳はそれを素早く処理するようになったと考えられています。

――スマホが登場したことによって、脳の働きが高度になった?

そうです。それはスマホが脳に与えた影響の第1点で、もう1つ「文脈の切り替えと共有」が高度化した点も挙げられますね。たとえば人と向き合って会話しているときでも、LINEを開いたり「天気予報を見てみるね」と調べてみたり、とさまざまな「文脈」を脳の眼窩前頭皮質(がんかぜんとうひしつ)が処理するようになりました。これも、脳機能の高度化に影響している点です。

――スマホの使いすぎで「スマホうつ(鬱)」にかかる、と危惧する声もあります。

人間の脳は、嬉しいことや予想できないことが起こるとドーパミンが分泌され、物事に対する意欲が高まるなどの効果があります。スマホでLINEやFacebookのメッセージが届いたときも、同じくドーパミンの分泌が起こりますが、それゆえに手放せなくなる可能性は確かにあるでしょう。ただ、僕は「スマホうつ」だとか「スマホ疲れ」というような、メディア受けを狙った言葉が好きじゃない。特に日本社会は、新しいテクノロジーに対して妙に保守的になってしまう風潮があります。そのように後ろ向きに捉えるよりむしろ、スマホを「史上最強のドーパミン発生装置」として肯定的に受け取ることが必要なのではないでしょうか。

スマホを使うデメリットや悪影響なんてそもそも無い

――スマホ利用に対する否定的な意見も多く聞きますが、むしろプラスな面の方が多いのですね。

スマホを使うことのデメリットや悪影響って、そもそもないと思うんですよ。今、世界的にオーソドックスになっている「マインクラフト」というゲームがありますが、先日、カナダへ行ったとき子どもたちの動きを観察してみたら、YouTubeにアップされているプロゲーマーのプレイ動画をみんな観ているんですね。そのゲーマーは子どもたちにとってのヒーローで、1億円ほどの年収を得ている。スマホを含め、ITやデバイスを活用しようというのが、世界の流れなんです。ところが日本に目を向けてみると、「スマホを持つと学業の成績が悪くなる」なんてトンデモな話ばかり出てくる。経済では「失われた20年」などといいますが、低迷する原因はこうしたところにあるんじゃないですかね。

――大学でもスマホを嫌う先生がいると思いますが、茂木さんはどうでしょう?

「授業中にスマホをいじるな」という教授がいるけど、僕は平気。メモをとっているかもしれないですし。あと、「電車に乗るとみんなスマホとにらめっこしていて、気持ち悪い」なんて声も聞きますが、それも同じことがいえますよね。今、僕が電車に乗れば、キュレーションアプリで記事を読むか、囲碁ソフトをプレイしているか、カフカの『城』英語版を電子書籍で読むか……それが高尚な使い方だという意味ではありません。ただ、スマホは必ずしも暇つぶしに使われるだけではないということなんです。

――スマホ利用に関するマナーの悪さを指摘する意見もありますが……

もちろん、他人のスマホを盗み見るなどの行為は言語道断。一方で、「スマホ後」の時代が到来したことによって生まれた、新たなマナーもあると思うんです。たとえば、相手が目の前でスマホを操作するのに腹を立てるという人は、今の時代に合わないんじゃないかな、と感じます。これからは、会話しながらスマホで調べたり作業したりというのが普通になっていくはず。LINEの「既読スルー」にしても同じで、それに怒るというのはちょっと違うんじゃないでしょうか。

機種・機能・通信形態の多様化で、スマホはもっと良くなる

――ネット上にはさまざまな情報が飛び交っていますが、それとどのように接していけば良いのでしょう?

自分が読みたい情報しか目を通さないのは、非常にまずい。そうならないためには、たとえば友達に「どんなアプリ使っているの?」などと聞き、自分の視野を広げてみるのがよいと思います。

――視野を広げようとすると、可能な限り多くの情報に触れることになりますね。

気負いすることなく、ベストエフォート(最善の努力)で行こう、と心がけるのが大切です。ミハイ・チクセントミハイという心理学者が提唱する「フロー」という概念は、リラックスした楽しい心理状態にあるときこそ最高のパフォーマンスが発揮できる、としています。視野を広げようとすることで「オーバーフロー」(情報過多。脳はオーバーフローの状態になると、見たり聞いたりしたことをほとんど覚えていない)の状態に陥るのではなく、フローの考え方を意識しながらリラックスしてできる限りの情報に触れればよい。僕だって、TwitterやFacebookのタイムラインはほとんど見ませんし、7万近い過去のツイートすべてを覚えているわけではありませんよ(笑)。

――スマホの今後について、茂木さんが期待することは?

もっと自由に、フレキシブルに使えるようになってほしい。また、人工知能(AI)が今以上に利用されていくでしょうから、人と人とのマッチングにも注目しています。最近、日本人がアメリカでリリースした「5pm」は、「今夜のデート相手を探す」というアプリ。AIの技術が進むことで、5pmと同様に「暇なとき、一緒にお酒を飲む相手をマッチングする」「英会話を教える人/教わりたい人をマッチングする」などといったサービスの質は、向上していくことでしょう。

――スマホの機種や機能はもちろん、MVNOに見られるようにサービスを提供する形態も多様化しています。

いいことじゃないですか。市場に競争原理が働いて、ますます良くなっていくと思います。昔と違って、OSやブラウザも多様化しているなと感じることが多くなりました。スマホにもPCにも、いろいろなOSがあって、いろいろなアプリ・サービスがあって……という形がいいですよ、絶対。

スマホは人間を豊かにするツールであり、機能やアプリ、サービスの形態が多様化することで、より生活環境が良くなっていくと語ってくれた茂木さん。現に携帯電話は、ショルダーフォンからスマホまで進化し、通信回線も、大手通信会社に限定されていた時代からMVNOというカタチで様々な事業者が参入しサービスも多様に、よりお得になってきました。

さらに、そのMVNOでも変化は起きていて、海外製の端末が主流だった状況から、日本製端末を使えるプランが登場。ソニーモバイルの「Xperai™ J1 Compact」のようなハイスペック端末が、お得な月々の利用料金で使えるようになりました。これからも我々の生活を豊かにしてくれる、無限の可能性があるスマホ。ぜひ自分のライフスタイルに合わせた選択をしてみてください。

<プロフィール>
茂木健一郎(もぎ・けんいちろう)

脳科学者、作家、ブロードキャスター。1962年生まれ。博士号(東京大)取得の後、理化学研究所、ケンブリッジ大で研究者として活動。現在は、ソニーコンピュータサイエンス研究所でシニアリサーチャーを務めるほか、東京工業大院連携教授など大学・大学院で教壇に立つ。著書に『脳と仮想』(新潮社、第4回小林秀雄賞受賞)など。

閉じる

SIMカードが
入っていません
  • パッと電話が粋なんよ

    2GB

    月額 ¥700

  • チャットつまみに一杯

    3GB

    月額 ¥900

  • SNSがやめられないの

    4GB

    月額 ¥1,100

  • パズルゲームが息抜き

    5GB

    月額 ¥1,300

  • 今夜も動画で晩酌よぉ

    6GB

    月額 ¥1,500

  • カフェでテザリング♪

    7GB

    月額 ¥1,700

  • 音楽はストリーミング

    8GB

    月額 ¥1,900

  • 動画もSNSもゲームも!

    9GB

    月額 ¥2,100

  • 通信制限さらばじゃ

    10GB

    月額 ¥2,300


  • 毎日5時間まで使い放題

    5時間/日

    月額 ¥2,500

  • 午前1時~6時まで使い放題

    深夜割

    月額 ¥1,500

SMS・音声が
入っていません
  • 通信のみ

    月額 ¥0

  • SMS

    月額 ¥150

  • SMS・通話付

    月額 ¥700

端末が
入っていません

[数量限定]
ZenFone 3 液晶保護シートプレゼント

  • 2017年7月12日(水)出荷分より、ZenFone 3をお買い上げいただいた方に、液晶保護シートをプレゼントいたします。
  • 液晶保護シートは端末お届け時に同梱させていただきます。
  • 限定数に達し次第終了とさせていただきます。

容量+契約タイプの月額

¥----

※別途通話料、手続き費用等がかかります
※端末のお支払い金額はこちら

お申し込みに進む

容量+契約タイプの月額
¥----

お申し込み

※別途通話料、手続き費用等がかかります
※端末のお支払い金額はこちら

閉じる

SIMカードが
入っていません
  • パッと電話が粋なんよ

    2GB

    月額 ¥700

  • チャットつまみに一杯

    3GB

    月額 ¥900

  • SNSがやめられないの

    4GB

    月額 ¥1,100

  • パズルゲームが息抜き

    5GB

    月額 ¥1,300

  • 今夜も動画で晩酌よぉ

    6GB

    月額 ¥1,500

  • カフェでテザリング♪

    7GB

    月額 ¥1,700

  • 音楽はストリーミング

    8GB

    月額 ¥1,900

  • 動画もSNSもゲームも!

    9GB

    月額 ¥2,100

  • 通信制限さらばじゃ

    10GB

    月額 ¥2,300


  • 毎日5時間まで使い放題

    5時間/日

    月額 ¥2,500

  • 午前1時~6時まで使い放題

    深夜割

    月額 ¥1,500

SMS・音声が
入っていません
  • 通信のみ

    月額 ¥0

  • SMS

    月額 ¥150

  • SMS・通話付

    月額 ¥700

端末が
入っていません

[数量限定]
ZenFone 3 液晶保護シートプレゼント

  • 2017年7月12日(水)出荷分より、ZenFone 3をお買い上げいただいた方に、液晶保護シートをプレゼントいたします。
  • 液晶保護シートは端末お届け時に同梱させていただきます。
  • 限定数に達し次第終了とさせていただきます。

容量+契約タイプの月額

¥----

※別途通話料、手続き費用等がかかります
※端末のお支払い金額はこちら

お申し込みに進む

容量+契約タイプの月額
¥----

お申し込み

※別途通話料、手続き費用等がかかります
※端末のお支払い金額はこちら